医院のご紹介

ご挨拶

院長からのご挨拶

「虫歯を削って、つめたらおしまい」という従来の歯科治療から一歩進み、口腔の長期的な健康と、口元の美しさという観点から治療を行っています。金属アレルギーを防ぐ観点からメタルフリー治療を推進、歯茎のピーリングを含むホワイトニングにも対応します。
審美治療と矯正を効果的に扱うスタイルこそがアキバ歯科 矯正歯科の独自性であり、そのトータルな治療が目指すのは健康で美しい口元の実現です。是非一度いらしてください。

院長 秋馬秀成
院長 秋馬秀成
院長略歴
1995年北海道医療大学歯学部卒業
1999年北海道医療大学歯学部大学院修了
1999年北海道医療大学歯学部特別研究員
2000年大手美容外科・歯科部門勤務
2004年代官山・デンタルオフィス美容矯正歯科開院
2011年アキバ歯科 矯正歯科 開院
学位・所属学会など
歯学博士
北海道医療大学歯学部非常勤講師
日本補綴歯科学会会員
日本歯科審美学会認定医
日本口腔インプラント学会認証医
労災保険指定医療機関
東京都指定医療機関

まず心がけていること

歯科医院は「痛い・怖い」というイメージから足が遠のいてしまい、虫歯になってから訪れるという方も多いのですが、お口の健康を保つためには定期的にチェックをし、むし歯や歯周病になる前に口腔ケアを行うことが重要です。そのため、アキバ歯科では患者様の緊張を少しでも和らげられるようデザインしたインテリアに、院長はじめスタッフ全員オリジナルのユニフォームにてお迎え。気軽に通えるサロンのようなスペースづくりを心がけています。

  • 医院内
  • 医院内
  • 医院内
  • 医院内
  • 医院内

ラポール Rapport “説明と同意”より” 信頼”で成り立つ医療を

歯科治療は骨や口腔内特有の菌なども関わり、時にとても複雑です。当院ではなるべくわかりやすい言葉でご説明し、大切なことをお伝えするよう努力しておりますが、そのすべてをご理解いただくのは難しいかもしれません。そのような時にポイントとなるのが『ラポール』(Rapport)です。フランス語で「橋を架ける」という意味のある言葉で医療では「信頼関係」という意味で使われています。前述の治療の説明などは『インフォームド・コンセント』といい、「説明と同意」と訳され、この二つが近年の医療で重視されています。どちらも大切ですが、私たちは形式的な『インフォームド・コンセント』よりも、人間味のある『ラポール』を築いていくことを重視しております。

私たちが家族や友人のように考える患者様にとって、長い期間にわたって信頼を得られる治療を心がけて行なっております。