スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

うがい習慣で、若々しい顔に!

今日はうがいのお話です。

 

うがいの仕方を変えることで、お口の中だけではなく、全身の健康を左右するばい菌を撃退。

顔の筋肉が鍛えられ、美容効果も期待できます。

 

うがい上手はむし歯知らず!

歯科医院を訪れる患者様の中には、歯みがきがマメにできていないのに、むし歯や歯周病になりにくい人が一定数いらっしゃいます。その共通点は、「うがい上手」であること。

私たちの口の中には約1000億~6000億の細菌が棲みついていて、むし歯や歯周病の原因となる(ばい菌)も潜んでいます。それらのばい菌が全身に運ばれると、多くの病気の一因になります。歯科医院でジェット水流を使った洗浄ケアがあるように、うがいは、お口の中のばい菌やそのエサとなる食べかすを勢いよく洗い流す効果があります。

食後や就寝前などに1日3回以上、うがいを!

上下左右10回ずつのうがいを3セットが基本です。

 

風邪予防や美容効果も!

実際にやってみると、最初はとても口が疲れるかもしれません。それは筋肉を使っているからです。うがいで頬の筋肉を鍛えて、ほうれい線ができるのを防いだり、口角を上げたりといった美容効果も期待できます。

また、口のまわりの筋力が鍛えられ、口を閉じて鼻呼吸ができるようになると、インフルエンザや風邪の感染予防にもなるのです。さらに口内の乾燥による口臭を防ぎ、咀嚼力もアップと、いいことづくめです。

1日3回のうがいを習慣化したら、鏡でお口の中をチェックし、さらに歯科医院で定期健診を受けるようにしましょう。