スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

ほほの内側をかんでしまうのはなぜ?

 

食べ物をかんでいるとき、ふとほっぺたや舌を一緒にかんでしまい、「イタタ.....」となってしまうことはありませんか?

 

  • 歯が痛い に対する画像結果

 

これは多くの場合、加齢現象、つまり老化のサインです。

 

 

実際ほほや舌をかんでしまうと訴える人の年代は、50歳以降が圧倒的に多いのです。

 

 

若いうちは、テレビを見ながら食事をしても、歯と舌がうまく調和して動いてくれるので、頬や舌をかむことはまずありません。

 

 

しかし、年を重ねるにつれて、テレビの方に気をとられて、舌をかんでしまったりするのです(><)

 

 

この場合、テレビのスイッチを切って、食事に集中して下さい。

 

 

普段はかまないのに急にかむようになったら、疲れているサインと受け止めて、睡眠をたっぷり取るなど休息を心がけることも大事です。

 

 

ただし、まだ若いのに、頬をかんでしまう場合は、口の中に問題があるのかもしれません。。

 

 

虫歯があるためにかみ合わせが悪くなっている

 

 

あるいは、被せ物を入れたばかりで慣れていない

 

 

といったケースがそうです。

 

 

食いしばりや歯ぎしりのクセがあって、歯の表面が極端に減ってきた場合もかみ合わせが深くなるので、頬や舌を巻き込みやすくなります。

 

 

改善しない場合は、口の中をチェックしにいらしてくださいね!