スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

女性ホルモンの影響で増える歯周病菌

 

さて今日は妊娠性歯肉炎についてお話したいと思います。

 

女性に知っておいてほしいのが、

 

歯周病と女性ホルモンの関係です。

 

 

「女 歯肉炎」の画像検索結果

 

 

歯周病菌の中でも

 

プレボテラ・インターメディアやプレボテラ・ネグレッセンスと呼ばれるものは、

 

実は女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが増えると

 

増加する傾向があるのです。

 

女性ホルモンの働きが活発になる妊娠中に起こる

 

「妊娠性エプーリス」と呼ばれる歯肉炎は

 

この歯周病菌によるものです。

 

歯肉がブヨブヨに腫れ、歯ブラシがちょっとあたっただけでも

 

出血することから、すぐおかしいと気づくはずです。

 

もともとは、歯みがきを怠ったために歯の表面にプラークがつき、

 

それが元で起こってきた歯肉炎ですが、

 

悪化因子として女性ホルモンが関係してくるのです。

 

妊娠中に歯周病にかかると、早産になったり、

 

低体重児が生まれるリスクが高まることもわかっています。

 

 

妊娠中は歯の治療を受けないほうがいいというのは俗説にすぎません。

 

 

歯肉の腫れや、ブラッシングで出血する...など気づいた場合は

 

体調が落ち着いた頃に一度いらしてくださいね^^