スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

子供を歯医者ギライにしない方法

 

 

 いま子供をもっている人も、これから子供を持つ予定の人も、心がけて欲しいのが、歯医者さんを嫌いにしないことです。

 

 子供が歯医者さん嫌いになる大きな理由のひとつが、

親が歯医者のいうことを聞かせるためのオドシの文句に使うことです。

 

 

 

  • 歯医者 子供 に対する画像結果

「そんな悪い子は歯医者さんでおっきな注射をしてもらうよ!」

 

などと言った台詞がそうです。

 

一生の付き合いになる歯医者に、小さいうちからこんな悪いイメージを植えつけてしまっては、

子供は恐怖心でいっぱいになってしまいます。

 

それが大人になっても続いている人さえいるのです。

 

歯科医院にはじめてきたとき、大泣きする子は少なくありません。

 

 でも、子供は案外演技派で、親がどう反応するかを無意識のうちにチェックしているものなのです。

 

ここで親が必要以上に心配し、動揺してしまうと、子供はさらに火がついたように泣き叫び、だだをこねます。

 

 こんなときは、毅然として、「(治療すると)約束したんだからね」

 

と、一言言うだけでOK!

 

そして、治療を終えたら、大げさなくらい褒めてやり、抱っこするなどスキンシップをするとすぐに落ち着きます

 

 ただし、「痛かった?」などと同情するような声がけをするのはいけません。

 

親があくまでもニコニコと、大らかに受け止める態度をくずさずにいることで、

子供は歯医者さんは怖いところではないと理解できるようになるのです。