スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

市販の美白歯磨剤でも白くできるの?

 

 

「美白効果」をうたった市販の歯磨剤に含まれる成分は

 

これまでタバコのヤニ取り歯磨剤に代表されるように研磨剤が主でした。

 

研磨剤の成分が大きいと、歯の表面についた着色成分(ステイン)を落とす効果は高いのですが、

 

毎日のように使うとエナメル質(歯の一番外側の部分)まで削れてきてしまいます。

 

一方、粒子の細かい研磨剤は、歯には優しいのですが着色を落とす効果が低いという難点がありました。

 

 

そこで登場したのが新しい「美白歯磨剤」。

 

酸の働きで、着色物質を分解したり、

 

歯表面のタンパク質を溶解させることで、歯を白くします。

 

研磨剤も、カルシウム成分やシリカなど、

 

歯を傷つけないで着色をとるものに変わってきています。

 

ただし、これらはあくまで歯本来の色を取り戻すためのもの。

 

また、歯みがきでは取れない着色汚れは

 

クリーニングをすることで本来の白さを取り戻すことも出来ます。

 

 

ただ、エナメル質の中から白くするには、ホワイトニングが必要なのです。

 

 

歯を白くしたいなとお考えの方はぜひご相談下さいね。