スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

抜歯即時埋入インプラントについて

抜歯即時埋入インプラントとは、その名の通り、歯を抜歯すると同時にインプラント埋入手術を行う治療方法です。

抜歯しなければならない歯があるときに、条件が合えば通常のインプラント埋入よりも効率的にインプラント治療が行える方法です。

通常のインプラント埋入方法は、歯を抜歯したのち抜歯窩(歯を抜いた穴)がふさがり骨と歯ぐきが治るのを待ってからインプラント埋入手術を行います。
個人差はありますが、抜歯窩が治るまで約3ヶ月~6ヵ月ほどかかりますので、その後からインプラント治療を開始するので、治療期間が長くなります。

抜歯即時埋入インプラントでは、歯を抜歯すると同時にインプラント治療を開始するので、治療期間が短くなります。
抜歯窩が治るのと同等なので約3ヵ月~6ヵ月でインプラントの歯が出来上がります。
また、抜歯直後は抜歯窩の治癒力が上がっていると考えられるので、条件が良ければ良い治療法と言えます。

抜歯即時埋入インプラントが可能な条件としては、抜歯窩が感染していない状態に出来ること、歯周病になっていないこと、抜歯窩に適したザイズのインプラント体があること、喫煙者では無いことなどがあげられます。

即時埋入イラスト すべて