スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

歯ブラシの交換時期

こんにちは。受付の西村です。

今日は歯ブラシの交換時期についてお話したいと思います。

 

歯を清潔に健康に保つためには、毎日欠かすことができないのが歯みがきです。しかし、使用している歯ブラシをいつ交換すれば良いのか、タイミングに悩んだ経験がある方は多いのではないでしょうか。交換時期を過ぎた古い歯ブラシを使い続けていると、歯の汚れが落ちにくいというだけでなく、きちんとしたブラッシングが行えなくなるため、歯や歯ぐきを痛めてしまうことも。

 

古い歯ブラシを使い続けるリスク!

―歯ブラシは汚れていきます―

虫歯や歯周病になりやすくなる

使い古した歯ブラシでは、歯の隙間や奥歯などに毛先が密着しづらく、歯に付着した汚れや歯垢を十分に落としきることができません。その結果、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

 

歯や歯ぐきにダメージを与えやすくなる

毛先が広がった歯ブラシは弾力性が失われています。そのため歯に付着した汚れを落としにくいだけではなく、歯や歯ぐきを傷つけてしまいます。

 

歯ブラシが雑菌の温床となる

口の中にはたくさんの雑菌がすみ着いています。それを除去するのが、歯みがきの1つの目的でもありますが、古い歯ブラシほど歯ブラシ自体に雑菌が繁殖しやすくなります。

 

交換時期の目安は?

仮に毎食後1日3回歯みがきをした場合、雑菌の繁殖などの衛生面から考えて、変形や摩耗がなくても1ヶ月が目安になります。しかし、毛先が広がったときなどは1ヶ月未満でも変える必要があります。毛先が開いてしまった歯ブラシは新品の歯ブラシに比べ、歯の汚れを落とす力が約40%もダウンするというデータもあります。毛先が外側にはみ出して見えたら、その歯ブラシは交換時期と考えて良いでしょう。

 

いかがでしたか?1ヶ月を目安に歯ブラシを交換しましょう☆