スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

歯科での治療と正しい歯みがき、3ヶ月ごとの健診で歯周病は治る!

こんにちは。7月に入り暑い日が続いていますね。

熱中症にも気を付けましょう✨

 

さてお口の健康も忘れてはなりません。歯を失う最大の原因は30代まではむし歯ですが、40代以降は歯周病。5人中4人が感染していると言われているので、他人事ではありません。

歯周病は歯と歯ぐきの間から歯周ポケットにたまった数百の歯周病菌からなるプラークが原因となり、歯肉炎から歯周炎へと進行し、最終的には歯を失う病気です。プラークはガッチリと歯にくっつき、歯みがきでは取れない歯石になります。そこで歯科医による定期的なプラークや歯石の除去と、プラークを溜めない歯みがき法などのホームケアの両輪で、歯周病を予防・治療することが重要になります。歯周病は、早期発見・早期治療が重症化を回避するただ一つの方法なのです。

 

一生つきあえる歯医者さんの見つけ方

「痛くなったら来てください」ではなく、痛くなる前に処置、指導してもらうことが大切。

予防歯科に力を入れていることも選択ポイント。

 

染めだしなどをして歯みがき指導してくれる

一般的には60~70%の磨き残しが歯と歯ぐきの境目に集中し、歯並びや磨き方でその部位は十人十色。いい歯科医は染めだしなど資格でわかる歯みがき指導をしてくれます。

 

歯と歯の神経を最大限残す方法を探ってくれる

歯周病は歯周炎の中期までなら歯を残すことができるはず。安易に抜歯やインプラントをすすめられた場合は他の歯科医によるセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

 

治療後3カ月に1回継続ケアしてくれる

歯周病菌を取り除いても、放置すれば3カ月で元の状態に。ホームケアの確認と、どうしても溜まるプラークや歯石を取り除くメインテナンスが3カ月に1回必要です。

 

歯周病の自己チェック

□自然出血

歯磨きや食事の刺激で歯ぐきの境目から出血。症状が進行すると何もしなくても出血します。

□口臭

歯周病菌の繁殖により生じる口臭。進行すると歯ぐきからの出血や膿で口臭はさらにきつくなります。

□歯ぐきの腫れ

歯と歯ぐきの間にプラークが溜まり、歯周病菌が出す毒素で歯ぐきが炎症を起こし腫れます。

□歯のぐらつき

歯周病が進行すると歯を支える骨が溶け始め、やがて歯がぐらつきます。重症化の証拠です。

 

いかがでしたか?アキバ歯科でも定期健診や予防処置を行っておりますのでお気軽にご連絡ください。

お待ちしております☺