スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

虫歯のなりやすさは虫歯菌の数で決まる

 

同じような食事をしていても、虫歯になりやすい人となりにくい人がいます!

 

この違いは何でしょうか?

 

ソース画像を表示

 

 

実は、虫歯のなりやすさを決める最大のポイントは、口の中にいる虫歯菌の数とその種類なんです!

 

口の中には300種類以上の細菌が潜んでいてそのうち10数種類がいわゆる虫歯菌です。

 

中でも虫歯をつくるパワーにおいて最強なのがミュータンス菌。

 

日本人はもともとミュータンス菌を持っている人が多かったため、かつては誰もが持っている菌だと思われていました。

 

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんはだれひとりミュータンス菌をもっていません!

 

大人でもミュータンス菌が全くない人もいます。

 

 

ミュータンス菌が口の中に住みつくようになるのは通常、赤ちゃんのころ。

 

 

しかも感染しやすい要注意時期があり、

 

歯科関係者が感染の窓といっている1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃なのです

 

母親や周囲の大人から、食べ物を口移しされるなどしたときに唾液と一緒に入ってくるのです。

 

 

甘いものをいつも食べているわけでもないのに虫歯ができる、あるいは子供の頃から虫歯になりやすい...

 

こんな人は口の中のミュータンス菌の数が相当多い可能性があります!

 

虫歯を予防する為には、歯科医院でこまめにチェックをしてもらい、定期的な歯のクリーニングをおすすめします