ヒトプラセンタジェルは、ヒトプラセンタを高濃度に配合したジェルです。その美容効果にはアンチエイジング作用があり、あらゆる肌トラブルに適用することが可能です。有効成分であるヒトプラセンタを肌に塗布すると、新しい皮膚の生成を活性化し、表皮の代謝活動を正常な状態に等しくし、強い日差しによる重圧を防ぐ抗酸化作用が期待されます。また、ヒトプラセンタには、保湿効果や抗シワ効果も期待されています

ヒトプラセンタジェルの有効成分であるヒトプラセンタは、ヒト由来の胎盤エキスです。プラセンタの中でも特に優れた有効成分のみを抽出しているため、ブームとなった血液が余るということはないのです。ヒトプラセンタジェルは、日本では販売されていないヒト胎盤を配合したプラセンタ外用ジェルです。アンチエイジング、美白、保湿、ニキビ抑制など多くのみずみずしい美肌効果があり、世界的にも良質なボディケア用品と同等以上の評価を受けています。

海外でも販売されている商品で、海外ではニキビ跡や火傷跡の治療に使われているほか、汚れた部分やそばかす、肌のたるみなどを美しくする目的で使用する人も多いようです。ヒトプラセンタジェルは、美容効果の高いヒトの胎盤由来のプラセンタが配合されているとされています。シミやシワを消す効果、表皮の弾力や保湿効果を高める効果、美白効果などがあると言われています。

ヒトプラセンタジェルは、インドの大手製薬クリエイター、アルバート・デービッド社の製品で、有効成分ヒトプラセンタが0.1g含まれています。市販のプラセンタクリームなどに塗ってはいけないプラセンタが、マイクロトーンの大きさだけ高濃度に配合されているので、市販の商品のドライブ感や登壇の効能の実態を考慮した方がよいでしょう。ヒトプラセンタジェルは、ヒト胎盤由来のジェルで、美白セクシー、シミ・シワの解消、表皮の弾力感、保湿対策の強化に効果が期待されているものです。

ヒトプラセンタジェル(プラセントレックス)は、インドの驚異的な製薬会社アルバート・デビッド社が販売しているものである。無数の製薬会社が存在するインドにおいて、トップクラスの大企業です。胎盤は、母体と胎児をつなぐ重要な器官であり、胎児の生命維持と成熟を担っている。小さな受精卵から10ヶ月で全身の人間となる胎児の成長をコントロールする胎盤には、重要な栄養素(アミノ酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、ソース酸、ムコ多糖類、酵素など)が豊富に含まれています。

ヒトプラセンタジェルは、ほとんどの方が副作用を起こすことなく、安全に使用することができます。ただし、日本で認可されているプラセンタ(ラエンネック)由来のものは、発疹、発熱、痒みなどの過敏症の副作用が報告されていること。肌が荒れている方やアレルギー体質の悪い方は注意が必要です。牛以外の動物のプラセンタを使用したとしても、人間以外の動物のプラセンタであるため、拒絶反応などの健康被害のリスクを完全に排除することはできません。

プラセンタジェルはプラセンタジェルの中でも、ヒトプラセンタを使用したプラセンタジェルのことを指します。ヒトプラセンタジェルは、ヒト胎盤由来のプラセンタを配合した塗り薬で、「プラセントレックス」という商品名で販売されています。また、「センタサバ」というジェネリック医薬品も発売されており、細菌にも対応できるようになっています。ヒトプラセンタジェルは、有効成分としてヒトプラセンタ(ヒト由来の胎盤)を包含しています。