スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

自由診療について④

自由診療は健康保険のルールにしばられず、自由に理想的な治療をおこなえます。
アキバ歯科の自由診療は、一般の歯科医院でかぶせものやつめものを「保険の銀歯にしますか?白い歯にしますか?」という見た目だけの違いではありません。
4つに分けてご説明いたします。

④審美性の違い
保険診療は虫歯、歯周病などの病気の治療を目的としているため、見た目の良さや高い品質にすることは出来ません。
見た目を良くしたり、高い品質の治療をうけるためには自由診療が必要になります。

このように、しっかりとした治療をうけるために自由診療を選択していただくことをおすすめしています。

自由診療について③

自由診療は健康保険のルールにしばられず、自由に理想的な治療をおこなえます。
アキバ歯科の自由診療は、一般の歯科医院でかぶせものやつめものを「保険の銀歯にしますか?白い歯にしますか?」という見た目だけの違いではありません。
4つに分けてご説明いたします。

③治療に使用する材料の違い
保険診療では歯の神経をとる状態の歯でも、歯の神経を保護する薬を使用して歯の神経を残すことが出来たり、進んだ歯周病を改善することが出来る薬を使用することが出来ます。
かぶせものやつめものを歯につける接着剤は保険診療で使用するものは接着力が弱く、固まったあとわずかずつ溶ける場合もあり隙間ができ虫歯の再発の原因となりますが、自由診療では接着力が強く、ほとんど溶けない接着剤を使用して虫歯の再発を抑えます。

自由診療について②

自由診療は健康保険のルールにしばられず、自由に理想的な治療をおこなえます。
アキバ歯科の自由診療は、一般の歯科医院でかぶせものやつめものを「保険の銀歯にしますか?白い歯にしますか?」という見た目だけの違いではありません。
4つに分けてご説明いたします。

②かぶせものやつめものの材質の違い
保険の銀歯などの材質でも問題なく食事をすることは可能です。
しかし、金属はアレルギーの原因になったり、精度が悪いと歯との隙間から虫歯を再発する可能性があります。
自由診療では金属は使用しない、セラミックを主に使用します。
セラミックは汚れがつきにくく、アレルギーの心配のない材質で、精度も良く出来ます。