スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

口内バクテリアを増やさない

こんにちは。受付の西村です。

今日は口内バクテリアについてお話したいと思います。

 

歯の健康を考えると、日頃の食生活や生活習慣は非常に大切なことです。むし歯や歯周病の原因は、口内バクテリア(細菌)です。むし歯は歯が溶けていく病気で、歯周病は歯を支える骨が溶ける病気ですが、どちらも原因は同じです。

むし歯や歯周病の予防は、3つのセルフケア(食生活・だ液・歯のメンテナンス)によって、バクテリアが増えにくい体質になることも重要なのです。

 

食生活

歯の健康に必要な栄養素は、タンパク質・鉄・亜鉛・ビタミンB群・脂質などです。それらを含む肉、卵やチーズを積極的に摂っていくことで、むし歯や歯周病になりにくい体質になることができます。

仕事や職場などで、なかなか思うような食事が摂れないという人も、少しでも意識することで違うはずです。

 

だ液

口の中はpH が中性であることがベストです。だ液の量が多くて質もいい人は、中性に保つ能力が高く、口臭も少なくなります。

だ液の量が少ない人ほど質も悪くなりやすいので、ものを食べるときは、30回以上噛むことを心がけましょう。消化もよくなり、体に負担もかかりません。

 

歯のメンテナンス

大事なのは「歯みがきをする時間帯」です。朝食後と夜寝る前に歯みがきをする、と言う人が多いかもしれませんが、朝の歯みがきは、1日の中で最もバクテリアが増え、口内環境が悪くなっている寝起きすぐにしてください。

歯みがきは人により歯の形や力、器用さが異なるため、上手にみがける歯ブラシも百人百様。何本も試して自分にとって最適な1本を見つけましょう。

 

いかがでしたか?次回の更新をお楽しみに☺

 

 

歯みがき後の仕上げうがいでW歯周病予防!

こんにちは。受付の西村です。

今日は歯みがき後の仕上げうがいについてお話したいと思います。

 

お口の中は、飲食から8時間ほどで、ばい菌がカタマリを作り始め24時間ほどで目に見えるようなカタマリになります。

これを歯垢(プラーク)といい、多数のばい菌が住む「巣」となって、むし歯や歯周病の元となります。プラークは柔らかいので、届きさえすれば歯ブラシで取り除けますが、歯と歯の間や歯と歯茎の境目など、みがき残しがありがちな部分は「うがい」が有効です。

「うがい」は平安時代以前から受け継がれてきた歴史ある健康法で、現代でも広く行われていることがその効果の高さを証明しています。さらに「うがい」には、別のメリットもあります。それはお口の「筋トレ」になるということです。筋トレ効果によって、口呼吸していた人も鼻呼吸に変わりやすくなり、感染症や呼吸器疾患のリスクを少なくできます。また、睡眠時無呼吸症候群も改善が見込めます。

 

仕上げうがいのやり方

①水の量はおちょこ1杯分(30ml)がベスト

口に含む水の量が多すぎると、水が口の中でうまく回らず、少なすぎると行き渡りません。目安は30mlぐらいですが、ご自分に合った量でうがいしましょう。

②上下左右にぶつけるように

口に水を含んだら、上・下・左右の各表裏両方に強く、速くぶつけ、往復で10回ずつぶつけたら水を吐き出します。

 

いかがでしたか?参考にしてみて下さい☺

ホワイトニングの基本

こんにちは。受付の西村です。

今日はホワイトニングの基本についてお話したいと思います。

 

ホワイトニングってなに?

着色を落として歯を漂白することです。

歯に付着した色を落として本来の白さを引き出し、エナメル質を漂白してさらに白くする施術方法です。

漂白することで黄色い象牙質が透けにくくなります。

 

ホワイトニングの方法は?

オフィスとホームがあります。

【オフィスホワイトニング】

歯科医院で、薬剤を使ってホワイトニングを行います。

一度相談してみて下さい。

【ホームホワイトニング】

歯科医院で作成したマウスピースと薬剤をもらい、自宅でホワイトニングを行います。

 

全部の歯をホワイトニングするの?

スマイルラインと言われる12~16本でOK。

全部の歯を白くする人もいますが、奥歯は見えないので、外から見える前の歯12~16本程度を白くするのが一般的です。

 

アキバ歯科でもホワイトニングを行っております。

お気軽にお問い合わせください☺