スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

【親知らず】 親知らずが痛くなる時、なった時

外人男性歯が痛い
【親知らず】 親知らずが痛くなる時、なった時

親知らずが痛くなる時は大きく分けて、親知らずの歯そのものが痛くなる時、親知らずの周りの歯ぐきが痛くなる時の2つのパターンがあります。

 

親知らずの歯そのものが痛くなる時


その原因は?

親知らずが少しだけ見えていたり、斜めに生えているときになりやすい痛みです。
親知らずが歯ブラシで磨きにくかったり、親知らずと手前の歯の間に食べ物がつまりやすかったりして、虫歯になっていまうと親知らずそのものが痛くなります。
冷たいものや甘いものがしみたり、食べ物などがつまると痛くなることが多いです。

 

☆親知らずの歯そのものが痛くなった時

その治療は?
普通の永久歯の虫歯の痛みであれば、麻酔をして虫歯の部分を削りとり、痛みが強かったり、虫歯が深い場合には『歯の神経をとる処置』をします。
親知らずの虫歯の場合は、親知らずが歯の一番奥にあるので、治療をしてもまた虫歯になってしまうことがほとんどなため、抜歯となることが多いです。
親知らずが少ししか見えてないときや、斜めになっているときの抜歯は腫れたり、痛みが出ることが多いものですが、お薬を飲んで抑えるようにします。

 

親知らずの周りの歯ぐきが痛くなる時


その原因は?
親知らずが生えかけているときや、少しだけ見えていて親知らずに歯ぐきがかぶっているときになりやすい痛みです。
親知らずと歯ぐきの間の隙間に汚れが入って歯ぐきが腫れたり、膨らんだ歯ぐきを噛んだりして痛みが出ます。
じわ?とした痛みや、ズキズキとした痛みになることが多いです。

親知らずの周りの歯ぐきが痛くなった時

その治療は?
痛み、腫れがあるときはまず、抗生剤と痛み止めのお薬をのんでいただき、痛み、腫れをおさえます。
痛み、腫れの原因は親知らずがあることで歯ぐきが炎症をおこしているため、基本的には親知らずの抜歯が必要ですが、痛み、腫れが強い時は麻酔が効きにくく、すぐに抜歯の処置することができません。
また、親知らずの生えかたや、腫れの原因によってはお薬で痛み、腫れがおさまったあと抜歯をせずに様子を見ることもあります。


親知らずは、しっかりと歯みがきができれば、むし歯、歯ぐきの病気になりません。
しかし、生えかたや親知らずの位置によっては歯みがきがしにくく、むし歯や歯ぐきの病気になってしまいます。
そうなってしまった場合や、
むし歯や歯ぐきの病気になると予測されるときは親知らずの抜歯が必要になります。

親知らずが気になったら歯医者さんで診てもらいましょう。

六本木交差点の歯医者
アキバ歯科
院長 秋馬 秀成

歯を抜いたら必ずご相談を

六本木で安心できるインプラント