スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

節分の思い出

アキバ歯科院長の秋馬です。

本日は節分ですね。
豆まきをされる家庭もたくさんあるかと思います。

わたしが大学時代を過ごした北海道では、節分の豆撒きに「落花生」を撒くのです。
この時期になるとコンビニやスーパーに落花生と鬼のお面がセットになって、山積みになって売られていました。

不思議に思って地元の友人に聞くと、普通の豆は落ちたものを拾って食べるので汚い、「落花生」ならば殻をむくので中身はキレイだからだ。とのことでした。
確かに合理的ではあるのですが…と思っていました。

どうしてそのようになったかが気になり、当時調べてみました。
すると、1955年ころに「新生活運動」という「より民主的,合理的,文化的な生活を実現することを目的としている」運動が全国的にあったそうで、そのなかに節分の豆撒きに落花生を使用するというものがあり、北海道ではそのまま落花生を使い続けているということのようでした。

北海道では結婚式が会費制(ご祝儀は不要)で行われることが多いのですが、これも新生活運動の名残だそうです。
ほかでは、群馬などで葬儀の際のお香典をお香典返しを辞退してお香典の金額を安くするという習慣も新生活運動の名残だそうです。

合理的では有りますが、なにかもの足りない感じがしました。
皆さんの地域では何かちょっと変わった習慣はありますか?

六本木の歯医者
東京審美歯科 アキバ歯科
院長 秋馬秀成

TOP


03-3402-1110