スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

iPhoneとSuica

院長の秋馬です。

最近ちょっとしたきっかけで、携帯電話をいわゆるガラケーからiPhoneをメインで使用するように移行しています。
その過程で経験した知っている方には当然のこと、知らなかった私には謎だったiPhoneとSuicaの相性について知ったことです(笑)

書いてたら長文になってしまいました。スミマセン。

元々はiPhoneはほとんど通話せずにインターネットの閲覧や、インターネットで共有できるカレンダーやノートなどで使用していて、ガラケーは通話とSuicaやIDなどのおサイフケータイで使用していました。

iPhoneメインの使い方にも慣れてきたところで、SuicaとiPhoneを一体化しようと思い、余っていた簡単な透明なiPhoneカバーにSuicaを挟み込んでみました。
意外とすんなり収まりましたので「いけるな」と思い、早速六本木駅の改札で「ピッ」として入場しようとしました。
ところが「ピッ」とはならずにゲートも閉じられてしまいます。
2、3回試しましたが、駄目だったので諦めてカバーをはずしてSuicaを取り出し、直接Suicaで「ピッ」として入場しました。もちろん降りるときも直接です。

「何故?」と思い友人達に聞きましたが、残念ながら知っている人がいませんでした。
そこでパソリというSuicaなどの非接触ICカードFeliCaをPCで認識する端末を持っていたので、早速実験をしました。

最初は簡単なカバーが意外な遮蔽力があるのではないかと思い、パソリにカバーを載せてその上にSuicaを置いてみました。
すると簡単にSuicaは認識されました。まぁ薄いシリコンなんで当たり前といえば当たり前です。
次にSuicaの裏表が影響するのではと思い、カバーとiPhoneの間にSuicaの表が見えるように、裏が見えるようにとはめ替えて試しましたが認識されませんでした。ついでにとSuicaの方向や、iPhoneの上寄り、下寄りなどの位置も変えて試しましたが認識されませんでした。
さらにカバーをはずし、iPhoneとSuicaをくっつけて手で持ち同様のことをしましたが認識されませんでした。

もちろんSuica単体では認識されます。

そこでやっとネットで検索することを思いつきました。
「Suica iPhone 重ねる」

iPhoneの電波とSuicaが干渉するんですね。
わかりませんでした(恥

干渉防止シートというものをiPhoneとSuicaの間に挟めば使えるということがわかりました!

そこで色々と干渉防止シートを検討していたら、おもしろいケースを見つけました。

Sinji Pouch

干渉防止シート付きもあったのでこれで試してみたいと思います!

長々とスミマセンでした。

アキバ歯科
院長 秋馬 秀成