スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

歯が抜けたままにしていても大丈夫?

こんにちは。受付の西村です。

 

今日は歯が抜けた場合の治療法についてお話したいと思います。

歯が抜けたまま長期放置することにより、すぐに治療が出来なかったり、治療が長引いたりなど面倒なことが多くなります。

また、お口だけでなく、体にも様々な悪影響を与えます。

 

では抜けた歯を放置したままだとお口の中はどのようなことになるのでしょうか?

●噛み合せの変化

歯列にかかる力のバランスが崩れ、抜けた歯の方に向かって隣の歯が移動したり、傾いたり、残った歯同士の間が開いてきます。

●むし歯や歯周病になる

歯並びが悪くなり、磨き残しがちになり、汚れがたまりやすくなるため、むし歯や歯周病になりやすくなります。

●あごへの影響

噛みあわせが悪くなるため、あごの関節に負担がかかり、口が開きにくくなったり、顎関節症を引き起こすことがあります。

●咀しゃくの問題

歯が抜けたままだと、きちんと噛めずに咀しゃくが悪くなります。内臓にも負担がかかり消化吸収にも悪影響を与えます。

●発音がしにくくなる

奥歯がないとラ行が聞き取りにくい発音になります。前歯がないとサ行、タ行、ハ行、マ行の発音がしにくくなります。

●見た目が老ける

歯が抜けた状態のままだと、歯ぐきや骨が痩せてくるため頬が下がり、ほうれい線やシワ、たるみが出て老けて見えるようになります。

●頭痛、肩こり、腰痛などが起こる

噛み合わせのバランスが崩れてしまうことで体全体が歪んでしまい、頭痛や肩こり、腰痛などが起こる場合があり、転倒のリスクも高まります。

●脳への影響

しっかり噛めなくなることにより、脳への刺激が減って脳が活性化されなくなり認知症にかかりやすくなると言われています。

 

歯が抜けた場合の治療法には以下のようになります。

ブリッジ

部分入れ歯(義歯)

インプラント

部分矯正

 

お口の状態によって、治療法は異なりますので詳しくはお気軽に当院までお問い合わせ下さい!

歯一本ぐらい無くても大丈夫だなどと思わずにできるだけ早く歯科治療を受けましょう!