スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

「歯と口元がきれい」が美人のカナメ!

こんにちは。受付の西村です。

今日は白い歯になるための習慣作りについてお話したいと思います。

 

第一印象は口元で変わります。パッと顔を見た一瞬で「美人!」と思うのは、

口を中心とした顔の下半分の印象やバランスが大きく影響するそうです。

せっかく口角がキュッと上がってきれいに笑えていても、歯に黄ばみなどがあったら台無しです。

かといって作り物のような不自然な白さではなく、自分が本来持っている白さを生かすことが大切になります。

そのためには、基本的には毎日の正しい歯みがきと、定期的な歯科医院でのクリーニングがおすすめです。

 

白い歯になる為の習慣作り

寝起きの歯みがきで菌を一掃する

皆さん朝の歯みがきはいつしていますか。朝食後という人も多いはず。正しくは朝食を摂る前の起きてすぐのタイミング。睡眠時は唾液が減って口の中の雑菌が増殖するので、そのままご飯を食べると多くの雑菌も一緒に体内に入れてしまいます。必ず朝食前と後に歯をみがきましょう。

 

夜は複数のツールを使ってしっかり落とす

歯みがきは朝と夜の2回。夜にその日の汚れを落としきること。夜の歯みがきは、最低でも10分以上はおこないましょう。なぜなら1日の汚れは、そのくらいの時間をかけないと落としきれないからです。また、どんなに優秀な歯ブラシでも、汚れを落とせるのは50%ほど。フロスや歯間ブラシで総仕上げを!

 

むし歯がなくても日々のケアと定期的な通院で美しい歯でいられるように心がけましょう♪