スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

夜の歯みがきが大事なわけ

こんにちは。受付の西村です。

今日は夜の歯みがきが大事なわけについてお話したいと思います。

 

まず正しい歯みがきを心がけましょう

毎日、ちゃんと歯みがきしているのにむし歯になる、歯周病みたい…。

ご自身で歯を磨いているつもりでも、正しい歯みがきができている人はごくわずか。

みがき残しは、むし歯や歯周病を悪化させる原因になります。

基本的には、第一にプラーク(歯垢)のえさになってしまう食べ物のカスを残さないこと。

第二には、できてしまったプラークをしっかり落とすこと。

この2点ができていれば、むし歯や歯周病の進行を食い止め、進行も抑えることができます。

 

夜の歯みがきはゼッタイ大事です!

お仕事やお酒を飲んで遅く帰り、歯みがきがめんどうだからと、そのまま寝てしまっていませんか?

眠っている間は、だ液の量が減り、1日の中でもっとも細菌が繁殖しやすくなります。歯みがきをしないで寝ると、むし歯も歯周病も確実に進行してしまいます。毎日の歯みがきでいちばん大事なのは、その日の汚れをその日のうちに落とすこと。

そういった意味でも夜寝る前の歯みがきは重要なのです。寝る前は15分のデンタルケアが理想的です。鏡を見ながらみがき残しの無いようにていねいに磨きましょう。お風呂の中やリビングなどで時間をかけて磨くのもおすすめです。

 

1日の終わりにしっかり歯を磨きましょう☺