スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

喫煙がお口に及ぼす怖い影響

今回は喫煙の怖さについてお話したいと思います。

喫煙には、お口の中を危険にするたくさんの要素があります。

●歯周病を発症、進行させる

煙草の中に含まれるニコチンや一酸化炭素の原因により血液不良、免疫力の低下が起こり歯周病を発症、進行させやすくなります。

●歯垢がつきやすくなる

タバコのタール(ヤニ)が歯の表面にこびりつき、歯が汚く見えてしまいます。歯垢がヤニのついた部分に停滞しやすくなるため、むし歯の一因となります。

●ビタミンCが欠乏する

タバコを1本吸うと1日に必要なビタミンCがすべて破壊されるとも言われています。ビタミンCは体の様々な組織にとって欠かせないものです。

●むし歯ができやすくなる

喫煙によって歯周病が進み、歯ぐきが下がって、それまで歯茎に隠れていた歯根が露出してきます。歯根は抵抗力が弱いため虫歯になりやすいのです。

●歯茎が黒くなる

タバコの成分が歯茎内にあるメラニン細胞を刺激し、メラニン色素が歯茎に定着してしまうため日焼けしたようにどす黒くなっていきます。

●口臭がひどくなる

喫煙が習慣になるとタバコのニコチンやタール臭をだ液が洗い流しきれなくなり口臭を発生させます。これに歯周病が加わるとさらにキツイ口臭になります。

 

 

歯周病になってしまう最大の原因は喫煙であることはご存知ですか?

煙草の煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発がん性物質などの有害物質は200種類を超えると言われています。

喫煙者は、口臭や歯にヤニがついて汚く見えるだけでなく、歯周病や虫歯になりやすく悪化しやすいので非喫煙者に比べて治療しても治りにくくなることがわかっています。

出来るだけ喫煙は控えましょう!