スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

よく噛むとアンチエイジングになる?!

いつまでも若々しくいたいものですよね!

そこで、歯科の観点から、すぐにできるアンチエイジングを☆☆

 

~よく噛むことは、アンチエイジングのカギを握っているんです~

 

①だ液に含まれる酵素が活性酸素を抑制!

噛むことで、だ液の分泌が活発になります。だ液には老化を促進する活性酸素を抑制する酵素が含まれているため、よく噛んでだ液を食材にからませるほど、アンチエイジングになります。

 

②正しい姿勢で噛まないとほうれい線が深くなる!

噛むことは口元の皮膚を動かすことになるので、それ自体がほうれい線を延ばすエクササイズになります。ただし、下を向いて猫背になりながら噛むと、ほうれい線が深く刻まれる元。膝よりもアキレス腱を内側に入れて座ると、骨盤が立って目線が上がります。この姿勢でよく噛めば、食事をするたびに自分の体をしつけ直すことができ、口元も全身も若返ります。

 

③‘‘噛んでいない‘‘時の歯の状態も大切!

上下の歯が触れている時間は1日トータルで15分くらいです。物を噛んでいないとき、歯と歯の間は3ミリくらい離れているのが正常です。ところが、最近はこの隙間のない人が増えていて、肩こりなどの不調や、ほうれい線が深くなる元になっています。パソコン作業が続いた時など、上下の歯がくっついていないか、チェックしてみましょう。

 

正しく噛んで、アンチエイジングだけでなく、健康も手に入れましょう!!