コラム

クリニックコラム

歯の黄ばみが気になる

歯の黄ばみが気になる

歯の黄ばみの原因

若い頃はもっと白かったのに、どうして、こんなに黄色みを帯びてきたのだろう...? 気になる歯の黄ばみの原因は大きく分けて2つあります。 ひとつは、加齢によるもの。歯の表面は半透明のエナメル質で覆われていて、その下に象牙質という黄色い層があります。

年をとるにつれて、エナメル質は少しずつ薄くなっていき、象牙質の色は、だんだん濃くなっていきます。 その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、黄色っぽく見えるようになってくるのです。 そして、2つめは、食べ物などによる外側からの着色です。

コーヒーカップや湯飲み茶わんに茶渋がつくように、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶などのお茶類。赤ワイン、コーラ、ブルーベリー、キイチゴ、カレーなどの色の濃い食材の多くは、歯に着色しやすいという特徴があります。 これらの食べ物に含まれる着色成分はいずれも、最初のうちは単なる歯の表面の汚れですが、時間がたつにつれ、次第にエナメル質の中に染みこみ、歯磨きでは落ちません。 また、タバコのヤニも歯が変色する大きな原因です。


歯の表面がよごれている歯の黄ばみの原因3つのパターン

それそれの対処法は


神経を抜いた歯は茶色くなる

ほかにも歯が変色する原因として見られるのが、虫歯の治療などで神経を抜いてしまった場合です。時間がたつにつれて、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。これは神経が死んでしまい、象牙質に栄養が届かなくなってしまったために起こる現象です。

一方で、加齢や生活習慣と関係なく、歯が変色している人もいます。これは、永久歯が形づくられる7歳ごろまでの幼児期に、テトラサイクリンという抗生物質をのんでいた影響とされています。症状としては、歯肉と歯の境目の部分が、帯状に茶色く変色したり、縞模様ができたりします。 歯の表面全体が褐色になる場合もあり、色のつき方には個人差があります。 このように、歯が黄色っぽくなる変色は、外からの要因と内側からの要因があるのです。


歯の色が与える印象

歯の色はどれくらい人の印象に影響を与えるのでしょうか? 顔の中心に位置する〈口元〉が人に与える印象は、良くも悪くも大きなものだと言えるでしょう。歯の白さの一つの指標として〈眼球の白い部分〉と〈歯の色〉が同じ程度に白いと、バランスが良い印象を与えると言われています。見る側の感覚的な違いもありますので一概には言えませんが、写真に写る際や白い服装の時などは、思った以上に歯の黄ばみが印象を左右してしまうこともありそうです。


見た目の年齢に影響する

白い歯の人はそうでない歯の人よりも7.5倍老けて見えるという実験結果も出ています。 ここでは、歯の黄ばみが皆さんに対して与える影響について、見た目の年齢や雰囲気など様々な角度からお伝えしていきたいと思います。

皆さんがお考えいただいている以上に、歯の色が与えるイメージの違いにきっと驚くはずです。 そして、あなたも白い歯を手に入れたくなるはずです。 自然は「白さ」が最も美しい! 白ければ白いだけ「良い」わけではありません。 白すぎるのは不自然ですし、逆に不快な印象を与えてしまいます。 あなたに合った白さが、最も清潔感があり、美しいのです。 肌の色、歯ぐきの色、そして、あなたが子どもの時から本当に持っている「自然な白さ」に戻してあげることが好印象となります。


白い歯は見た目の年齢を若く見せる

いくつになっても若々しく元気なイメージを保ち続けたいものです。 これは、男性も女性も関係ありません。 白い歯には実年齢よりも若々しく見せるという効果があります。 清潔感以外にこんなに大きなメリットがあることに驚いた方も多いかと思います。 白い歯に見た目年齢を若くする効果がある理由は、大きく分けて2つあります。

ひとつめは、歯の白さが肌の色を明るく見せてくれるという点。 白い歯の影響で肌の血色が良く見えるため、元気な印象を周りの方に与えてくれます。 さらにお顔や口周りのシミやほうれい線や小じわを見えにくくするという嬉しい効果も期待できます。

そしてもうひとつは、歯の白さが清潔感を演出してくれるため、あなたが身だしなみに気を使っている人(若い人)というイメージをもたらしてくれます。 これは逆に言いますと、いくら服装や髪型に気を使っていても、歯が黄ばんでいると若々しく見せることは難しく清潔感を失っていることになります。 服装やお肌のお手入れに気を使っている、髪型や姿勢に気を使っているなど色々な場所に気遣っているのに、あなたの実際の年齢よりも上に見られてしまうという方の原因は、歯の色にあるかもしれません。


白い歯は初対面の人の好感度をあげる

皆さんが初対面の人と会ったとき、最初に目が行くのは顔です。 最初は目から徐々に下にいき、口元に視線が流れることが一般的です。 服装や髪型、話し方なども印象を左右する部分ではありますが、その何倍も強いインパクトを与えているのが実は口元だと言えます。

多くの人は、「白=清潔感」というイメージを無意識のうちに持っているものです。 そのため、白い歯を目にするだけで「清潔感がある人」「爽やかな人」などの好印象を持つようになります。 さらに歯が白いということは、歯のケアに時間やお金をかけているということでもあります。 自分自身に気を使っている人、こまめにメンテナンスしている人=マメで几帳面というイメージを抱かれることも多いです。

また、外見が素敵な人であればあるほど、笑ったときの口元から 黄ばんだ歯が見えた瞬間、その方のイメージがダウンする 可能性も高いものです。 たかが歯、されど歯です、今一度、あなたの歯の色をチェック してみてください。 客観的に自分の歯の色を見ることが重要です。


白い歯があなたを内面的にも強くしてくれる?

白い歯は、周りの方から自信に満ち溢れているといったイメージが 持たれます。 きっとあなたも「歯が白くなった」、それだけでも不思議なことに自信を持つことができるでしょう。 その理由としては、人前で口元を気にする必要がなく、堂々と口を開けて話したり、笑ったりすることができるためです。

歯を見られたくないからとぎこちない笑顔になる人よりも、口を大きく開けて笑う人の方がずっと好印象なはずです。 歯が白いことで感情表現が豊かになると、人そのものにも良い影響をもたらしてくれます。もし、歯の色で悩んでいて、自分に自信が持てないという方は、髪や服装などの外見的要素を変えてイメージをつくるよりも、歯のホワイトニングを是非おススメします。


加齢による、歯の黄ばみに注意

見た目の印象を大きく変える、歯の色。 子どもの頃は全然気にならなかったのに年齢を重ねるにつれて歯の黄ばみが目立つようになってきたという人が多くいらっしゃるかと思います。 その理由は、歯の象牙質部分の新陳代謝が落ち、黄色い部分が濃くなってしまったためです。

また、歯の表面を覆うエナメル質が食事や歯磨き等で少しずつ薄くなり、中の象牙質部分が透けることで歯の黄ばみが目立っている可能性もあります。 元々の象牙質は薄いクリーム色です。 しかし、元々の象牙質の色や黄ばみが目立つ時期は個人差もあるため、自分の歯の黄ばみが気になる方は、まずは一度歯医者さんに相談をしましょう。 原因が加齢による黄ばみなのか、実は他にあるのか、専門医に診断してもらうことが大切です。


歯を白くする「ホワイトニング」

ホワイトニングとは歯の表面を過酸化尿素(もしくは過酸化水素)によって化学的に脱色する方法です。過酸化水素が酸化する際に酸素が発生して着色物質と結合し分解させます。歯の色を本来の白さにします。 ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングとは、その場で効果が現れ効率的です。 当院のオフィスホワイトニングの費用は1回 10,000~20,000円です。

ホームホワイトニングとは、マウスピースと薬剤を用いて自宅にてホワイトニングを行う方法です。ご自身で行えるので空いた時間などを利用してホワイトニングできますが、薬剤がマイルドなので時間がかかります。費用はマウスピースと8週間分の薬剤のセットで30,000円です。

ホワイトニングの効果は個人個人で差があります。自分で満足した白さが得られた時点がホワイトニングのゴールです。 (ホワイトニング前には歯のクリーニングや歯石取りを行って、歯の表面をきれいにしておく必要が有ります。)


加齢、食べ物、喫煙により黄色みを帯びた歯はまったく問題なくホワイトニングで白くできます。一方、テトラサイクリンによる変色の場合は、歯の先端部分なら、変色をある程度薄くして、目立たなくすることは可能ですが、歯のつけ根の部分、歯頸部(しけいぶ)はエナメル質が薄いためホワイトニング剤が効きにくく、その部分の茶色い帯を消すことは至難の技です。ただ、どこまで効果が出るかは、実際にやってみないとわからない面もあるので歯科医院で相談してみましょう。


ホワイトニング歯磨き粉とは? 市販の歯磨き粉と歯科医院でのホワイトニングの違いは?

歯科医院と市販の歯みがき粉では、使用できる薬剤の種類が異なります。歯科医院のホワイトニング治療で用いる薬剤には「過酸化水素(もしくは過酸化尿素)」という薬剤が配合されており、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化します。さらに、過酸化水素はエナメル質の構造を変化させることにより歯を白く見せることができます。

ところが、日本国内では市販の歯磨き粉に「歯を白くする濃度の過酸化水素」を配合することは法律で禁止されています。歯を白くする濃度の過酸化水素を取り扱うためには歯科医師免許が必要です。したがって、市販の歯磨き粉で「歯科医院の施術と同じホワイトニング効果」を期待することは、現実的とは言えません。

しかし、白い歯をキープさせる有効成分には、歯の表面についた傷を埋めて汚れや着色が付きにくい滑らかな歯を作る「ヒドロキシアパタイト」などがあります。 また、歯磨き粉の中に入っている研磨剤は汚れを落とすことにおいて有効ですが、粒子が大きいほど歯を削る力が強くなるため、歯の表面のエナメル質を傷つけたり、歯茎にダメージを与えることもあります。

これにより、かえって着色が付きやすくなってしまうこともあります。 研磨剤が微粒子化されている「低研磨性」の歯磨き粉であれば、歯や歯茎への刺激を抑えながら汚れや着色を落とすことが可能です。また、最近では「研磨剤不使用」のもので、〈汚れを浮かせて落とす成分〉が配合された歯磨き粉も増えてきていますので、ぜひ活用してみてください。


まとめ

黄ばみの原因は、飲食・たばこが主な原因です。毎日しっかり丁寧に歯を磨き、ダラダラ飲みや間食を控えましょう。歯に飲食物が停滞している時間が長ければ長いほど、ステインが溜まりやすいと言えます。日々のデンタルケアが重要ですね。また定期的な歯石取りや歯のクリーニングをすることで、本来の白さを取り戻すことも出来ますし、虫歯予防にもなります。確実に歯を白くしたい方にはホワイトニングがおすすめです。どんなに笑顔が素敵でも、口元からちらりと見え隠れするあなたの歯が黄ばんでいるだけで、印象は悪くなってしまう。これを機にさっそく行動してみてはいかがでしょうか。

24時間オンライン診療予約