治療方針と心がけ

治療方針をお伝えします

アキバ歯科の治療方針

口腔内のトータルな健康を目指す医院

当院では審美だけ、矯正だけという一つの分野ではなく幅広い診療知識と技術を持ち、お口の中全体の健康を考慮した総合的な治療を実践しています。そのため、患者様のあらゆる症状・疾患に的確な対応ができ、お口全体の健康を末長く保てるよう継続的なサポートをすることができます。


むし歯治療から審美トリートメント、予防・トリートメントまで対応

当院にはサラリーマンからご高齢の方まで幅広い年齢層の方が来院されています。患者様一人ひとりの症状やご要望にお応えできるよう、当院では、むし歯や歯周病の治療はもちろん歯のトリートメント、審美トリートメント、矯正歯科、入れ歯・インプラント治療など、様々な歯科診療に対応しています。お口にまつわるお悩みがあれば何でもご相談ください。


現在の状況や治療プランなど事前に丁寧に説明

当院ではインフォームド・コンセントを大切にし、患者様のお口の状態や治療方法など専門的な内容を、なるべくわかりやすい言葉で丁寧にご説明するよう努めています。患者様の立場に立って考え、じっくりご相談を重ねた上で診療に入りますので、どうぞご安心ください。


ご要望に合わせた柔軟な対応

当院では、患者様のご要望に応じて柔軟な対応に努めています。例えば、お仕事などで忙しい場合には短期間で治療が完了するスケジュールを組む、歯科治療に対する恐怖心が強い患者様には鎮静剤を使用するなど、患者様ごとに様々な対応をとることができます。ご要望があればできる限り対応しますので、どのようなことでもお申し付けください。


大切にしていること

大切にしていること歯科治療は骨や口腔内特有の菌なども関わり、時にとても複雑です。 当院ではなるべくわかりやすい言葉でご説明し、大切なことをお伝えするよう努力しておりますが、そのすべてをご理解いただくのは難しいかもしれません。

そのような時に大切なのが信頼関係と考えています。 私たちの家族や友人に受けてもらいたい治療を患者様にも受けていただくことで、信頼を得られる治療を心がけて行なっております。 わからないことや心配なことなどがあればお気軽におたずねください。


最高レベルの感染予防対策

口腔外バキュームの設置 ~クリーンな院内環境作り~

六本木の口腔外バキューム導入歯科当院では院内を衛生的に保ち、患者さまに安全・安心な空間をご提供できるよう「口腔外バキューム・サキュション」を導入しおります。口腔外バキュームは治療中に空気中に浮遊する削りカスや血液、最近等の目に見えないほど細かな粉塵を強力な吸引力で素早く吸引します。

歯を削る際にはこのように細かな粉塵などが顔の周りに飛散する事から飛沫感染のリスクを伴います。口腔外バキュームの使用は感染症の防止にとって極めて重要です。それ以外にも院内では医療用空気清浄機を設置し、医療機関特有の臭いやウィルス感染、花粉症対策などにも配慮したクリーンな環境作りに努めています。


ディスポーザブル品を使用した感染リスクマネージメント

六本木の滅菌にこだわる歯科歯科医院では様々な治療が行われます。抜歯やインプラント手術といった出血を伴う治療も行うため徹底した衛生管理のもと、院内感染の防止に努めています。当院では使い捨てができる器具であれば「ディスポーザブル品(使い捨て用品)」を積極的に活用しています。

  • 使い捨ての注射針
  • 患者さまが使用する紙コップ
  • 麻酔液のカートリッジ
  • ドクターやスタッフが装着する手袋
  • 外科処置等で使用するメス
  • 患者さまに着用していただくエプロン

など様々なものを使い捨てで対応しています。


徹底した滅菌で綺麗・清潔を確実に

歯科滅菌感染症予防の為に治療で使用する医療器具に滅菌処理を施しています。最初に器具を入念に手洗いし、さらに「超音波洗浄機」にかけます。超音波洗浄機で通常の洗浄では落としきれない細かな汚れや目に見えないタンパク質等の落とす事ができます。その洗浄した器具を個別にパッキングします。

ここで高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)によって滅菌処理を行います。密閉空間で飽和水蒸気圧=2となる121℃まで水を加熱して、その蒸気で滅菌を行います。一見して見えにくい細かい部分にも患者さまへの安心・安全な治療への配慮を怠りません。

  • 当院では欧州トップクラス基準、最高ランクBクラスシロナ製の「DAC」と呼ばれる最高水準のオートクレープを使用しています。

痛みの発生に配慮した無痛治療のへの取り組み

六本木無痛治療当院では治療の際に伴う痛みに最大限の配慮をいたします。歯科治療に伴う痛みは患者さまにとって治療を敬遠する大きな理由の一つになります。

歯医者嫌いにさせないため・通わなくなってしまうという悪循環に陥らない為にも当院では従来と一線を画した「痛くない歯科治療」を実現できる5つのシステムで痛みを少なくする取り組みを行なっております。


痛み緩和システム5つのポイント

表面麻酔で痛みを緩和する準備

無痛治療には必ず麻酔処置を施します。その際に重要なのが表面麻酔です。実際歯科治療の際の痛みはほとんどの場合が麻酔の際の注射針が刺さる時の痛みです。注射を刺す歯茎に表面麻酔を塗り込みます。当院では表面麻酔が充分に浸透するまで待ってから針を刺しますので痛みもほとんど感じません。注射部位によって多少痛みの感じ方は変わってきますが、表面麻酔でほとんどの痛みが緩和されます。


麻酔液の冷たさへの配慮

麻酔液を針で注入する際、冷たいと温度差が敏感に感じてしまいます。その際麻酔液を人肌と同じくらいの37℃付近にに保つ麻酔専用ウォーマーを使用し、人肌レベルに温まった麻酔液を注入する事で温度差によって感じられる痛みを緩和させることができます。


電動麻酔注射器の採用

麻酔注射の際、麻酔液が注入する際の加圧が痛みを感じる原因の一つになります。人の手にって注射する際の加圧は一定に保つのが困難な為痛みを感じやすくなります。当院では「コードレス電動麻酔注射器」を使用し、電動麻酔器によるコンピューター制御で適切に加圧コントロールされるので痛みなくスムーズに治療を行う事ができます。また注射針は極細のものを使用します。歯茎に針が直接触れる部分が少なければ少ないほどそれだけ痛みを軽減する事ができます。


2段階麻酔という段階処置

当院では麻酔の際の痛みの発生を限りなくゼロにする為に2段階の麻酔処置を行なっております。まずは注射針を刺す箇所の表面に麻酔をし、充分に麻酔が浸透したところで目的の幹部に麻酔液を注入するための注射を施します。この2段階麻酔は表面麻酔から麻酔注射までに時間と手間がかかるものと考えられますが、痛みの緩和の為には時間と手間は惜しみません。当院は「患者さまファースト」の精神で最大限の配慮を致します。


治療内容を適切にお知らせ

治療中、自分が今どの治療を受けているのか、これからどんな治療を受けるか。これが不明確まま治療が進むと本来なら必要のない恐怖心や不安感のために、痛みに対しても必要以上に敏感になってしまいます。こういった状況はあってはならないものですし、患者さまと歯科医師の間にきちんとした意思疎通ができていれば起こり得ないと考えます。当院ではインフォームドコンセントをしっかりととり治療内容や痛みへの配慮をしっかりと説明すると同時に患者さまが納得した治療法であれば、安心して治療を行うことができることから自然に緊張が解け痛みの感覚を緩和させる作用があります。


アキバ歯科院長秋馬より

アキバ歯科院長
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科

院長/歯科医師秋馬秀成Hidenari Akiba

経歴 北海道医療大学歯学部卒業
北海道医療大学歯学部大学院修了
北海道医療大学歯学部特別研究員
大手美容外科・歯科部門勤務
代官山・デンタルオフィス美容矯正歯科 開院
アキバ歯科 開院
資格等 歯学博士
北海道医療大学歯学部クラウンブリッジ・インプラント補綴学分野非常勤講師
日本歯科審美学会認定医
日本口腔インプラント学会認証医
所属団体 日本補綴歯科学会
日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会
日本スポーツ歯科医学会
メディア マツコ&有吉の怒り新党 医療監修

ご挨拶

審美歯科を専門として開業から今まで多くの患者様を診てまいりました。結局のところ最適な状態とは何かを突き詰めると「機能性」と「審美性」の融合に尽きると思うのです。それは一つでもどっちかが欠けるとバランスが崩れるもので、片方の追求では長期的に健康でキレイな歯を維持する事はできません。審美歯科専門医としての審美眼を活かしつつ常に悪くならない状態を作り上げていくことが私の使命だと思っております。常にニーズを受け入れ最大限尽くすことで患者様との信頼関係が築ける歯科医療を構築したいと思っております。

24時間オンライン診療予約