スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

大人が歯を失う最大の原因「歯周病」

 

歯と歯肉の境目には、誰でも0.5~2mm程度の隙間があります。

 

この隙間を歯周ポケットといいます。

 

歯周病は、この歯周ポケットにプラークがたまって深くなり、

 

中で炎症が起きた状態です。

 

歯磨きを怠るなどして、歯の表面にプラークがついたままにしておくと、

 

プラークは唾液中のカルシウムなどと反応して石灰化し、

 

硬い歯石になります。

 

歯石は普通に歯磨きをしただけでは取れません。

 

歯石をとらずに放っておくと、歯石の上にさらにプラークが付きやすくなり、

 

歯石は溜まっていく一方です。

 

深さ3mm以上に達した歯周ポケットの奥にはさらに、

 

歯肉からにじみ出た血の中の血清成分が石灰化した

 

歯肉縁下歯石という悪玉歯石が出来ます。

 

歯肉の中にもぐりこんだ歯肉縁下プラークもつきやすくなります。

 

歯肉縁下歯石は、通常目に見える部分につく歯石とは違い、

 

緑色や黒褐色をしていて、超悪玉菌の歯周病菌がすみつきやすいのです。

 

歯周病を悪化させる真犯人が、

 

実はこれら歯肉縁下歯石と歯肉縁下プラーク。

 

歯肉縁下歯石の中にいる超悪玉菌は酸素を嫌うため、

 

歯周ポケットの奥へ奥へと進行し、歯を支える骨、歯槽骨を破壊してしまうからです。

 

支えを失った歯はグラグラし始め、

 

ついには抜け落ちてしまう運命にあります。