スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

歯を失うとこんなに困る!

 

大人の歯は、親知らずを除くと上下にそれぞれ14本、計28本あります。

歯は1本1本が独自に働いているわけではありません。

上下それぞれで歯列と呼ばれる1列のまとまりをつくり、

さらに、上の歯列と下の歯列が上手く噛み合うことによって、

かむ時にかかる力を分散するなど、歯の働きを支えています。

 

歯が1本でも失われることは、上下のかみ合わせが壊れてしまうことです。

その結果、歯が本来持つ働きである

①かむ力

②正しく発音する力

③食べ物や飲み物をのみ込む力

④見た目の美しさ

のいずれか、あるいはいくつかに支障が出てしまいます。

 

例えば、前歯が1本でも無くなれば、

見た目が悪いだけでなく、食べ物を上手くかみ切れなくなります。

 

歯のすき間から空気がもれるようになるので発音にも影響します。

 

人前で口をあけて笑えなくなった為に、

仕事付き合いに支障が出てしまう人もいます。

もし、2本ある前歯の両方を失ってしまった場合は、

顔の形さえ変わってしまいます!

 

一方、奥歯が抜けた場合は、抜けた方の側では

食べ物をかみ砕きにくくなってしまいます。

その結果、かみ砕きやすい抜けていないほうの奥歯ばかりを

使うことになり、かみ合わせのバランスが崩れてしまいます。

 

下の奥歯が抜けた場合は、その歯とかみ合っていた上の奥歯が

次第に下のほうに出っ張ってきて、

歯の根が露出してしまうという問題もあります。

その他、食べこぼしをするようになってしまったり、

上手に飲み込めない、未消化の食べ物が胃腸に流し込まれて、

内臓に負担がかかるなどといったトラブルが引き起こされることも考えられます。