スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

唾液の虫歯予防効果を活性化させるフッ素

 

歯の表面のエナメル質は、ハイドロキシアパタイトというもので出来ています。

 

実は、このハイドロキシアパタイトは非常に硬い組織ですが、

 

酸には良く溶け、

 

壊れやすい特徴があります。

 

虫歯菌の出す酸で、すぐに歯の表面が溶け出してしまいます。

 

そこで、役立つのがフッ素です。

 

フッ素をエナメル質に作用させると、フルオロアパタイトという、

 

酸に溶かされにくい歯質になります。

 

つまり、歯質を強化するわけです。

 

 

さらに、酸性に傾いた口の中を中性に戻す、唾液の緩衝能という

 

作用を高めて、まだ目に見えない

 

初期虫歯の再石灰化を促す働きもあるので、

 

フッ素ジェルを塗るだけで治せる場合もあります。

 

 

フッ素は一般に、子供の虫歯予防アイテムと思われがちですが、

 

実は大人にとっても必須!

 

フッ素入り歯磨剤やフッ素ジェルは、ずっと使い続けて欲しいものなのです。

 

永久歯のエナメル質が形づくられる子供の頃に、

 

フッ素を過剰に摂取すると、

 

歯に白い斑点が出来たり、

 

骨の形成に悪影響が出る可能性はあります。

 

しかし、これはあるまで適正量を超えて使った場合。

 

1回分の歯磨剤に含まれるフッ素はごく微量なので、

 

歯磨剤の使用だけで、歯はもちろん

 

全身に影響が出るとは考えられません。

 

また、ホワイトニングをしたときに歯がしみる場合や、

 

知覚過敏なら、フッ素ジェルを塗布するだけで治せる場合もあります。

 

普段の虫歯予防アイテムにぜひ加えてみましょう!