スタッフブログ

スタッフブログスタッフブログ

白っぽい舌の正体

 

皆さんは普段鏡を一日何回くらい見ますか?

 

 

お口の中の歯、歯ぐき、舌まであまり観察したこと事は無い方も

 

多いかもしれません。

 

よく観察してみると、表面に突起があったり、

 

歯型がついていたり、

 

舌が白っぽかったり、黒っぽかったり...していませんか?

 

今日は、白っぽい舌の正体について説明していきます。

 

白っぽい付着物の正体は「舌垢」(ぜったい)といいます。

 

はがれた粘膜、細菌、食べかすなどが付着し、

 

ザラザラした表面の隙間に汚れが溜まることでできます。

 

そして口臭の原因になることもあります。

 

舌垢は細菌などの集まりで、

 

細菌がタンパク質を分解すると臭い物質が発生し、

 

口臭の原因になるのです。

 

付きやすくなる原因は、

 

口呼吸、緊張やストレスでお口の中が乾燥しやすかったり、

 

薬の副作用による唾液分泌の低下、

 

自律神経失調症、

 

加齢による唾液腺の衰え、

 

水分の摂取不足、

 

糖尿病など内科疾患、

 

シェーグレン症候群、

 

お口の中の清掃不良などによります。

 

特に、唾液の分泌不足は、唾液による細菌の洗い流しや

 

増殖する細菌を抑制する働きを弱めるので

 

注意が必要です!

 

除去方法を紹介します↓↓

 

舌専用のブラシを使って優しく磨いてみて下さい。

 

「舌ブラシ」の画像検索結果

 

お水で少しブラシを湿らせて奥から前へ優しくかき出すように

 

当てて下さい。

 

一度に全てを落とそうとすると、

 

舌の上の味雷(みらい)という味を感じる組織を傷つけてしまう為、

 

1日1回、数回舌に当てて、

 

1~2週間かけてゆっくり汚れを落としてくださいね^^

 

汚れが落ちるだけでなく、味も感じやすくなると思いますよ!

 

舌垢や口臭については当医院にお気軽にご相談ください^-^