虫歯治療・根管治療

可能な限り削らない・抜かない虫歯治療

痛みのない虫歯治療当院では虫歯治療の際、虫歯菌に侵されてしまった歯をできるだけ削らないよう心がけております。歯をできるだけ削らないで残すという事は、削る際の痛みから患者さまを遠ざけるだけではなく、大切な財産である天然歯をお守りするという事になります。


超極細ドリルの使用で不要な削りをカット

超極細ドリルを使用天然歯は一度削ってしまうと二度と元には戻りません。そればかりか削れば削るほど歯はもろくなってしまうのです。そうならない為にも当院では虫歯菌に侵された箇所だけ削るために、「超極細ドリル」を使用しています。

「超極細ドリル」を使用する事によって狙った場所をピンポイントに削る事ができるので歯を極力削らない処置が可能になります。


低速回転の機器で削る範囲を最小限に

虫歯治療の際、感染部分によってはその周りにある健康な歯を削らない到達しません。それは不必要に歯を削るという事に他なりません。虫歯菌感染部分だけの処置をしたいときに有効なのが当院で導入している低速回転で削れる機器になります。これはコントラヘッドといいますが、低速で削ることで不要な部分を傷つけることなく虫歯の治療が可能になります。


削る範囲を少なく抑える詰め物(コンポジットレジン)

銀歯などの金属の詰め物は適合させるために虫歯感染箇所以上に削る必要がありました。コンポジットレジンと呼ばれる白いプラスチック樹脂素材ならペースト状になっているので虫歯感染部分を削ったあとの歯に直接流し込んで固め、完成します。そのため銀歯などの金属素材の詰め物より削る範囲が少なく、色味も天然歯に馴染む白なので違和感がありません。こちらは保険診療内治療が可能です。※前歯の小さな虫歯限定


虫歯の箇所から見る様々な治療法

前歯の小さな虫歯=コンポレットレジン

小さなむし歯とは、あまり痛みもなく神経の処置が必要無い大きさのむし歯で、黒く見えたり、透明感のない白濁した色が特徴です。歯と歯の間からなることが多く、歯の裏側に広がっていて表から気づかないこともあります。この治療には白く、審美的に優れている『コンポジットレジン』という詰め物の素材を使用しますが、強度が弱いため、あまり力のかからない箇所に適用します。

コンポレットレジン手順1

むし歯の部分をしっかりと削り取る

コンポレットレジン手順2

『ボンディング』を塗り、少しおいてから風をかけ、光をあてる

コンポレットレジン手順3

『コンポジットレジン』を詰め、光をあて硬化する

コンポレットレジン手順4

硬化した『コンポジットレジン』の形を整え、きれいに磨いて終了


奥歯の小さな虫歯=インレー

奥歯のむし歯は噛む面の溝からなることが多く、ご自分でも黒く見えたりします。前歯と同じように、歯と歯の間からむし歯になる場合は気づきにくいので、大きなむし歯になってしまう場合もあります。

インレー手順1

むし歯を削り、『インレー』が入るように形を整える。

インレー手順2

粘土のような柔らかい材料で型取りする。

インレー手順3

上の歯と下の歯の関係を記録する。

インレー手順4

1週間ほどで『インレー』が完成。歯にしっかりと入るようかみ合わせの調整をする。

インレー手順5

かみ合わせの調整ができたら、ご確認いただき本着。最終的な調整を行い、終了。

ご注意

むし歯が大きいと治療が終わったあとも痛みが出たり、冷たいものがしみる場合があります。痛みが強いようであれば歯の神経をとる治療になる場合もございます。


大きな虫歯=根管治療

むし歯が進み、歯の中の神経に近づくと、冷たいものや甘いものがしみる、歯が欠けたり穴が開いたるするなどしてご自身でも自覚する症状が現れます。痛みのあり、なしにかかわらず、むし歯が神経に達している場合は神経をとる治療と、その歯の根の治療が必要になります。

根管治療手順1

奥歯の溝からのむし歯が進み、歯の神経に達した状態。 黒=むし歯 グレー=神経 赤点線=『痛み刺激』

根管治療手順2

麻酔をして虫歯の部分をしっかりと削り取る。

根管治療手順3

1.歯の神経を取り除く。 2.歯の根『根管』の壁についているタンパク質などもきれいに取る。

根管治療手順4

歯の長さを測る『エンドメーター』という器械を使用し、音とメーターで根の先端の位置を確認。

根管治療手順5

『根管』の空間にゴムのような材料をしっかりとつめ、ばい菌などが入らないようにする。

根管治療手順7

根管治療終了後

根管治療手順8

コア(土台)をつけた歯の形をかぶせもの(クラウン)が入るように削って形を整え型取りをします。

根管治療手順8

かみ合わせを調整して、接着したら終了ストがはいります。

ご注意

冷たいものや甘いものがしみたり、痛みは神経をとることで治りますが、それで終了ではなく『根管治療』とその後のしっかりした歯を作るところまでが一連のむし歯治療です。痛みがないからと治療を中断すると、症状が悪化するので必ず続けて治療を受けてください。

神経をとったあとは根の先が傷のようになっているので痛みが出る場合があります。この痛みを抑えるために数回治療を必要とする場合があります。

根管治療後の被せ物の種類

根管治療後の被せ物の種類

根管治療後は削った歯を補強するために「コア」という土台をつくり、クラウンというかぶせものをします。クラウンには保険適用の金属のものと、自然な歯の色に限りなく近づけることができるセラミックのものがありますが、当院では審美的にも金属アレルギーを防ぐ観点からも極力金属を使わない治療をお勧めしております。


定期検診で再発しない心がけを

歯科定期検診の大切さお口環境を健康な状態で維持できていれば、通常「歯を抜く」という処置は必要ありません。当院は各患者さまの診察や治療に際して、積極的に予防歯科の価値をお伝えし、主体的に定期検診をお受けいただけるようにご案内しています。

痛くなってから歯医者さんに来るのではなく、痛くなる前にお越しいただければ、お口環境のスペシャリスト「歯科衛生士」が皆さまのお口環境を適切にケアさせていただきます。


アキバ歯科の院長コラム

24時間オンライン診療予約