保険適用CAD/CAM冠

銀歯を「白い歯」に!保険治療でできる条件

保険適用CAD/CAM

笑うと見えてしまう銀歯。気になりますよね、事実、劣等感を抱く人も少なくないです。大きな虫歯の治療などでかぶせものになる場合、保険治療では基本的に銀歯になりました。ところが、ここ数年で保険治療でも「白い歯」が条件付きで適用にになっています。


IT技術でつくる歯の「白いかぶせもの」が保険適用であります。

保険適用歯科用CAD/CAM冠CAD/CAM冠というものが保険適用の白いかぶせものです。CAD/CAM(キャドキャム)とはComputer aided design/Computer aided manufactureの略であり、コンピューター支援設計・製造のことをでコンピュータのソフトでデザインしたものを、そのソフトの指示に従って切削機械で製造することです。

歯科用CAD/CAM冠は、歯の型を3DスキャンしたデータをもとにコンピュータのAIソフトでかぶせもののデザインを行い、ミリングマシンという切削機械で歯科用のCAD/CAMブロックからかぶせものを削り出すものです。

保険適用のCAD/CAMブロックは保険の認可を受けたもののみになりますが、歯科用のブロックにはいろいろなセラミックやレジンなどの材質があります。


保険適用のCAD/CAM症例

術前

前歯部入れ替え術前

術後

前歯部入れ替え術後

  • 要望:下の奥歯が黒い/上の奥歯の銀歯

IT技術だから早い

口腔内に装着されるかぶせものは歯科技工士が手作業で一つひとつ製作します。CAD/CAMシステムのメリットは、「治療期間の短縮」と「金属の削減」です。

通常、歯のかぶせものを作るためには、まずかぶせものを装着する歯を削り、その歯を印象材というものでかたどりし、それに石膏を流し込み石膏模型とします。

その模型を使って歯科技工士が手作業によりかぶせものを製作しますが、その工程は模型の調整、ワックスでのかぶせものの立体デザイン、出来上がったワックスで鋳型を作製、鋳型に金属を流し込み鋳造、鋳造された金属を模型に合うように調整という段階を必要とします。

かたどりしてからかぶせものが装着されるまでには1週間程度必要です。一方、歯科用CAD/CAMシステムでは、模型を機械でスキャンするとその情報が即座にコンピューターにより3Dデータに変換され、その場でコンピューターがかぶせものを設計し、その設計データでミリングマシンという切削機器が、かぶせものになるブロックを削り完成します。かたどりをしてからかぶせものができあがるまでの時間は1時間ほどです。

歯科用CAD/CAMシステムでは、歯科用ブロックからかぶせものを削り出すので通常のハイブリッドレジンよりも強度の高いかぶせものを作ることができます。金属を使用しなくても一定の強度があるため、金属コストの削減を意識して保険治療の適用になったものです。


保険適用は「クラウン」(かぶせもの)のみ

歯のつめもの、かぶせものは、インレー(部分的なつめもの)やクラウン(歯全体をおおうかぶせもの)というふうに種類があります。CAD/CAM冠の冠とはクラウンのことを意味する言葉でかぶせもののことです。歯科用CAD/CAMシステムによるCAD/CAM冠が保険適用になったことは、患者さんにとってもメリットがあります。歯科用CAD/CAM冠は歯と似た色のブロックを機械が削り出して作製される「白い」かぶせものです。

CAD/CAM冠が保険適用になったことで、保険治療では銀歯以外に選択肢がなかったところが、保険治療で白い歯が手に入れることができるようになりました。ただし、保険適用には条件があります。歯のつめもの、かぶせものには、インレーやクラウンといったように種類があることをお知らせしましたが、保険適用として認められているのはCAD/CAM冠ですのでクラウンのみになります。

CAD/CAM冠の保険適用できる歯は、「上下顎の小臼歯(正面真ん中から数えて4番、5番目の歯)」「下顎の第一大臼歯(正面真ん中から数えて6番目の歯)」のみに限られています。前歯は保険の適用となっていません。さらに下顎の第一大臼歯は「第二大臼歯(一番奥の親知らずの手前の歯)が上下左右4本とも全て残っており、左右しっかりとかめている場合」という条件が付きます。この条件に合う歯であれば保険治療で「白い歯」CAD/CAM冠を装着することができます。


保険適用は銀歯のかわりとなるもの

CAD/CAM冠は銀歯のかわりとなる保険適用の白いかぶせものですので、保険適用外のセラミックのかぶせ物とは違います。保険適用のCAD/CAM冠はレジンという材質で作られています。CAD/CAM冠のレジンブロックにはプラスチックにフィラーという粒子をまぜて物性を良くしています。

よくハイブリッドセラミックス、ハイブリッドレジンと言われていて、レジンとセラミックスの組み合わせのように言われていますが、それは違います。セラミックの白いかぶせ物は、陶器やガラスのようにセラミックとなる素材を一度熱して再結晶化したものです。セラミックはレジンと違い透明感があり天然の歯と同様の色調を再現できます。より見た目がきれいで、汚れもつきにくく清潔というメリットがあります。

CAD/CAM冠は色は白いものの、色調は2種類で透明感はありません。CAD/CAM冠に用いられるレジンは、プラスチックのため軟らかく強い力がかかるとはずれる可能性があり、吸水性を持つため時間がたつと変色するということと、セラミックと比較するとプラークがつきやすく不潔になりやすいというデメリットがあります。しかし、金属のかぶせものと比較すると見た目が白いこと、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がないことなどのメリットがあります。


保険適用歯科用CAD/CAM冠の特徴

保険適用歯科用CAD//CAM冠が保険導入されてて数年が経ちます。以前のレジンと比べるとハイブリッドレジンブロックの耐久性は高くなったと言えますが、セラミックと比べると強度、審美性、清潔さに劣ります。しかし、費用が安価で金属を使用しないというメリットは大きいと考えられます。デメリットとしては強度に劣ることが大きいです。

  • 適切な歯の型と厚みがあれば、割れて壊れてしまう心配は少ない
  • 経年的な使用でだんだんとすり減ったり、変色することがある
  • 歯の色は限定されています
  • 装着後、短期間ではずれる可能性があります
  • はずれた場合は割れていなければそのまま着けなおせることがほとんどです

保険適用される部位

保険の白い歯

  • 小臼歯
  • 下顎第一大臼歯

上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合

  • 大臼歯

歯科用金属を原因とする金属アレルギーを有する患者に限り算定できる。医科の保険医療機関又は医科歯科併設の医療機関の医師との連携のうえで、診療情報提供に基づく場合に限る。


保険適用CAD/CAM冠の治療費の目安

名称 特性 料金(税別)
保険適用CAD/CAM冠 1本あたり ¥7,500〜¥8,500

※この他に、健康保険の診察料、検査料、管理料、根管治療、支台作製などの治療費がかかります


保険適用できない歯のCAD/CAM冠について

当院では保険適用できない歯のCAD/CAM冠は自由診療で治療することが可能です。歯の状態、条件によっては対応できない場合もあります。保険摘要歯科用CAD/CAM冠とは歯の削り方、接着剤が違い、外れにくくなっています。


名称 特性 料金(税別)
保険適用外CAD/CAM冠 1本あたり ¥40,000

※この他に、診察料、支台作製、仮歯などの治療費がかかる場合があります。(保証期間2年間)


アキバ歯科の院長コラム

24時間オンライン診療予約