顎関節・歯ぎしりの治療

顎関節症ってどんな症状?

六本木の顎関節症

もしかしたら顎関節症かも?口を開けるときに次のような症状がでたら顎関節症の疑いがあります。


顎関節症の原因と症状

顎関節症の症状顎関節症は幅広い年代の方に認められる症状で、程度の差はあれど治療の必要がない小さな症状を含めると実に70パーセント以上の方が顎関節になんらかの症状を持っていると言われています。原因は噛み合わせやストレス、姿勢の悪さなど複数に起因します。来院するのは男女比で言いますとと女性が男性の3倍から4倍ほどで、近年では特に20代から30代の若い女性に多く見られます。軽度な症状ですと、なんとなく口が開けづらい、口の開閉時に音がする等日常生活に支障がなく過ごす事ができますが、深刻な症状ですとスプーンのように小さいものも口に入らないほど口が開かない、めまいや頭痛・肩こりがひどくなるなど日常生活に支障をきたす場合もあります。


顎関節症をもたらす主な要因

  • 噛み合わせの悪さによる顎の筋肉への負担
  • 顎への外傷(強い力が加わった)
  • 過度なストレス環境
  • 睡眠時の寝姿勢や激しい歯ぎしり
  • 食事の際の左右どちらかの噛み癖

歯ぎしりの種類ともたらす影響

歯ぎしりの種類一口に歯ぎしりといっても様々な種類があります。代表的なものとしては、下顎を左右に動かしギリギリと音を立てて歯をすり合わせる「グラインディング」、他には下顎を上下にカチカチと小刻みに動かす「タッピング」や、音のならない、歯をぐーっと強く噛みしめる「クレンチング」などがあります。

ギリギリ、カチカチなど音がする歯ぎしりであれば、周りからの指摘で気づく場合もありますが、音のしない食いしばりなどはなかなかご自身では自覚が難しいので習慣化させてしまいます。


治療方法

歯ぎしりの習慣化は「顎関節症」、「歯周病の悪化」、「知覚過敏」、「睡眠障害」など様々な症状を引き起こします。歯ぎしりが習慣化されている患者さまにはマウスピースの使用や噛み合わせの改善などの治療が可能ですので、お困りの方は是非当院までご相談ください。


TCH「歯列接触癖」とは?

TCH「歯列接触癖」TCH「歯列接触癖」とは簡単にいうと無意識な状態で上下の歯を長時間接触させる事を言います。通常ですと、、上下の歯列の間には2~3㎜ほどの隙間があり、上下の歯が接触しているのは会話や食事の時などを含めても、平均で1日20分以下とされています。

しかしながら普段意識せずにパソコンやテレビなどの最中に上下の歯を長時間接触させている方はTCH「歯列接触癖」と考えられます。 この際の接触は食いしばりのように強い力を込めるのではなく、軽い力で接触していてもTCH「歯列接触癖」と考えられます。


TCH「歯列接触癖」がもたらす悪影響

このTCH「歯列接触癖」がもたらす影響としては歯と歯の接触による血管収縮がもたらす筋肉疲労や肩こり・頭痛、知覚過敏、歯周病悪化、開口障害などが様々な症状が挙げられます。また顎関節症の発症や悪化を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。「歯列接触癖」は自覚するのが難しいので、一度日頃歯の接触を意識して過ごして見てはいかがでしょうか?


TCH「歯列接触癖」の治療法と改善策

お心当たりの方は是非一度ご自身の上下の歯が接触していないかどうか確認してみましょう。とにもかくにも大切なのは「上下の歯を離す」こと!といっても歯列接触癖は無意識のうちに行われてしまう癖なので、自分の目の届く範囲に「歯を離す」といった内容のメモ等を貼っておき視覚からの誘導を試みるのも一つの手です。 当院ではこのようなご自身で行える改善方法のアドバイスや、噛み合わせの調整なども併せてご提案させていただきます。


アキバ歯科の院長コラム

24時間オンライン診療予約