口腔外科(親知らず抜歯)

口腔外科で扱う病と親知らずについて

六本木の親知らず抜歯口腔外科では一般歯科治療では通常対応できない症状や病気を扱います。口腔癌や唇顎口蓋裂、他には皆様にも耳馴染みのある親知らずの抜歯など、外科処置を伴う口腔内の治療です。口腔外科の治療内容は様々ですが、ここでは歯科医院では一般的な外科的処置でもある「親知らずの抜歯」についてご紹介致します。 親知らずはただ抜歯すればいい訳ではありません。当院では無痛治療を心がけておりますので、痛みについてはご心配頂くなくても大丈夫ですが親知らず抜歯が必要か不要かどうかの判断基準や術後のケアの方法など患者さまに知っておいて頂けると幸いです。


抜歯が非常に難しい処置について

当院では抜歯する必要性をまず的確に見極め、他の歯に悪影響を与える親知らずは抜くようにしております。中には生え方が複雑で高度な外科処置が必要になる場合には患者様の安全を最優先し、大学病院他提携医療機関をご紹介いたします。


親知らずの抜歯で知っておいてほしいこと

抜いた方が良い親知らずの判断基準

  • 親知らずが邪魔をして周りの歯が磨きにくく、虫歯や歯周病に罹る可能性がある場合
  • 親知らずの生え方が問題で、その横に生えている歯が押されて痛みや腫れが出ている場合
  • 親知らずが重度の虫歯に罹っている場合
  • 歯列矯正をするのに親知らずが邪魔になってしまっている場合
  • 親知らずが斜めに生えていて頬の内側の粘膜や歯肉を傷つけている場合

親知らず抜歯の手順

麻酔

  • 歯茎へ表面麻酔を塗布し、浸透するまで時間をおきます
  • 麻酔が充分浸透したら歯茎へ麻酔注射を行います

外科処置

  • 専用のメスを使い歯茎を切り開いて親知らずを露出させます(親知らずが歯茎に埋もれている場合)
  • 親知らずを一部を削ります
  • 親知らずの抜歯を行います
  • 抜歯穴を綺麗に洗浄します

確認と消毒

  • レントゲン等で確認
  • 切開した歯茎を縫合します
  • レントゲン等で確認

抜糸

  • 7~10日後に縫合した箇所の抜糸を行います

安全に最大限歯医者した親知らずの抜歯

高度な技術と実績を兼ね備えた専門医による安心のオペ

親知らずは外科治療です。よく聞く言葉ですので一般歯科治療の延長のように感じてしまいますが難症例だと歯茎を切開したり大掛かりな外科的処置を伴うものですので、処置を誤れば重大な事故にもなりかねません。当院ではどのような症例にも対応できるよう実績・知識の豊富な専門医が最先端の医療機器を使用し、親知らずの抜歯を安全に行います。


安全な親知らず抜歯の際のCT撮影の重要性

下顎にはとても大切な神経が通っています。親知らずの生え方によってはこの大切な神経の近くに埋まっている場合もあるので正確な位置取りが非常に重要になってきます。通常のレントゲン撮影は2次元(平面)の画像のため、神経や血管の位置取りが立体的に把握できずにどのように交錯しているかが判断できません。当院では最新鋭の歯科用CTを導入しておりますので神経や血管の位置取りが立体的に、正確に把握する事ができ適切な処置を安全に行う事ができます。


最新設備と正確な診断で安心・安全の親知らず抜歯を実現します

当院では親知らずの抜歯はとても痛い・辛い・・・そんなイメージをお持ちの方にも安心して頂けるように痛みに最大限配慮した親知らず治療を徹底致します。スムーズな抜歯を心がけ、患者様の負担にならないよう最新設備と豊富な実績を持った歯科医師が治療致します。術後のケアなどにも力を入れておりますのでぜひ一度当院までご相談ください。


アキバ歯科の院長コラム

24時間オンライン診療予約