新着情報

アキバ歯科便り2018年7月号を更新しました

今月はこのような内容でお送りしています。

 

 

7月といえば七夕(たなばた)ですね!「七夕」は「たなばた」、「しちせき」とも読まれ古くから行われている日本の行事です。そんな七夕ですが織姫と彦星のラブストーリーとしてご存知の方も多いのではないでしょうか?実は七夕にはいくつかの起源があります。

 

 

 

 

棚機という神事が起源

その昔、日本の禊(みそぎ)の行事として「乙女が着物を織って棚に供え、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう」という神事がありました。その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」着物を織る折り機を「棚機(たなばた)」と言い、時とともにお盆を迎える準備として「7月7日の夜」に行われるようになりました。現在「七夕」を「たなばた」と当て字で読む由来はここからきているのです✨皆さんがよくご存知の織姫と彦星の伝説については次のページでお話します‼

 

おりひめとひこぼしの星物語…

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。ところが結婚してからというもの、二人は仕事もせず仲睦まじくするばかり…。これに怒った天帝が天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。しかし悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は天帝の命を受けたカササギの翼に乗って天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったと言われています。一見ロマンチックに思える物語ですが真の愛や幸せとは何なのか、自分の役割は何なのか見つめ直しなさいという教訓がこの七夕伝説には描かれています。七夕伝説は素敵な恋人の逢瀬物語と考えていた人はちょっとびっくりしてしまいますね!今年の7月7日は少し感慨深い気持ちで星空を見上げてみてはいかがでしょうか?また七夕伝説にまつわる教訓を胸に短冊へ願い事をしたためると去年とは違った意義を見出せるかもしれません✨

 

 

歯周病セルフチェック

35歳以上の約80%がかかっているという「歯周病」40歳以上で歯を失う原因の1位が歯周病です。さらに歯周病の原因となる細菌や細菌の分泌物が血管に入り、血液の流れに乗って全身に広がると糖尿病、心筋梗塞などの病気につながる可能性もあります。まず自分が歯周病かどうか下記の項目をチェックしてみましょう。

・歯茎がむずがゆい

・口の中がネバネバする

・歯茎が下がり、歯が長くなった気がする

・歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなった

・グラグラする歯がある