新着情報

月別アーカイブ: 2019年3月

アキバ歯科便り2019年3月号を更新しました


今月はこのような内容でお送りしております。

来月もお楽しみに♪

※クリックすると大きな画像で見れます。

 

3月

3月になりました!まだ寒い日もありますが下旬頃には春の訪れを感じる「春分の日」がやってきます。春分の日にはお墓参りをする方もいらっしゃるかと思いますがどうしてなのでしょう…?

春分の日

2019年は3月21日(木)が春分の日です。春分の日は太陽の動きを基準に国立天文台が計算をし、閣議決定しているので毎年同じ日になるわけではありません!

通例3月20日から3月21日ごろのいずれか1日が春分の日となります!春分の日を中日とした7日間は春季彼岸会といい、お墓参りや先祖供養の法要を行います。仏教では煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を「此岸」(しがん)といいます。彼岸は西、此岸は東にあるので春分と秋分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったのだそうです。ちなみに春分に供えるぼた餅は春に咲く牡丹に見立てたと言われいます。

 

花粉を寄せ付けない!花粉症対策

2~3月はスギ花粉の飛散ピークです💦早めの対策でつらい花粉シーズンを乗り切りましょう!

マスクを正しくつける

花粉対策マスクをつけることで花粉の侵入を70~80%以上カットすることができるといわれています。ただしマスクと顔の間にすき間があると効果が弱まるため、顔に合ったサイズのマスクを正しく付けましょう。

手作り「濡れマスク」で対策!!

マスクを2枚用意し、1枚目のマスクと2枚目のマスクの間にウエットティッシュを挟んでマスクを装着します。ウエットティッシュが乾いてしまうと花粉を吸着する効果がなくなってしまうので、乾いたらすぐに取り換えましょう。また女性の方は肌の表面をファンデーションやフェイスパウダーで覆うことで花粉が直接肌に付着することを避けられます!

 

衣類への花粉の付着を防ぐ

柔軟剤で付着予防

花粉は静電気によって引き寄せられるため洗濯する際は柔軟剤を使用して静電気を防止しましょう。

花粉が付着しにくい素材

コートなどのアウターは綿やポリエステルなどの化学繊維で表面がツルツルしている素材がオススメです。フリースやニットなどのウール・アクリル素材は毛が長く花粉が付着しやすいので注意しましょう!

 

デンタルフロス使っていますか?

歯ブラシでブラッシングしただけでは歯と歯の間は十分に磨けないことがありプラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。みなさんもご存知の通りむし歯や歯周病の原因はプラークです。

そこでデンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯ブラシでは届かない歯の側面についたプラークや歯と歯の間に入り込んだ食べかすをきれいに取り除きましょう。歯ブラシのみのブラッシングではプラークを61%、フロスを併用すると79%、歯間ブラシを加えると85%まで除去できました✨