オールセラミックで、歯をキレイにしたい!

よく芸能人がやっているイメージのオールセラミックですが、お友達や知り合いにもオールセラミックにされている人もいらっしゃると思います。 オールセラミックで歯をキレイにしてみたいと思っている方も多いので、どんな治療方法なのかメリット・デメリットなどもご紹介します。

どんな治療がしたいですか?

オールセラミックはいろいろな治療に対応することができます。どのような治療ができるでしょうか。 オールセラミックの治療は自由診療になります。

前歯の歯並びをきれいにしたい

歯の歯並びが気になるときに歯を小さく削って、オールセラミックのクラウンをかぶせることで歯並びをきれいにすることができます。 自分の歯を動かす矯正と違い、歯の根の位置は変わらないので歯ぐきの位置は変わりませんが技術のある歯医者であれば自然できれいな歯並びになります。歯の色も自分にあった色にすることができます。

銀歯を白くしたい

虫歯を保険診療で治療すると、つめものやかぶせものは銀歯になります。一般的な治療なのですが、見た目にも目立つので気になります。このような銀歯も削ってとりはずし、オールセラミックにすることができます。金属の土台が入っている場合は土台もグラスファイバーで補強したプラスティックの土台に作りなおします。

金属アレルギーを治したい

保険診療の銀歯を始め、お口の中の金属はアレルギーの原因となります。金属が直接触れる歯ぐきが黒ずむのが代表的ですが、皮膚のアトピーのような症状もお口の中の金属が原因になっていることがあります。銀歯を白くするときと同様に金属を使用しないオールセラミックにすることでアレルギーが改善することが期待できます。

変色した歯を白くしたい

どこかにぶつけて歯の神経が死んでしまった場合や、虫歯で歯の神経治療をした時、乳幼児期の薬の影響などで歯が変色することがあります。このような場合には変色した歯の表面を削りラミネートベニアというつけ爪のような薄いセラミックでカバーすることできれいな歯になります。歯の神経治療に問題があるときはその再治療が必要になります。

どのくらい変わる?

オールセラミックで治療したときの効果や変化はいろいろあります。 虫歯の範囲が大きいときは天然の歯よりもメリットが多くなります。

セラミックの見た目の印象

オールセラミックは透明度が高く、質感が高いため天然の歯と同じ色調を再現できます。さらに天然の歯よりも表面がなめらかでプラークなどの汚れがつきにくいため、清潔感があり健康な印象になります。歯並びをきれいにするときは前歯数本をまとめてオールセラミックで、好きな白さにすることもできます。

歯並びのきれいさ

前歯がちょっと出ている、歯並びがガタガタになっている、歯に隙間がある、八重歯が気になるなどほとんどの歯並びはオールセラミックできれいに治せます。自然にしているとき、笑ったときなど歯が見えるシーンで歯並びが自然できれいに見えるように治療すると驚くくらいきれいな歯並びに改善されます。

セラミックの清潔さ

オールセラミックの表面はガラスのようにツルツルになっているので、プラークやステインなどの汚れがつきにくくとても清潔です。保険診療で使われる白いレジンは吸水性がありプラークやステインが付きやすく劣化も早く、銀歯もプラークが付きやすいため不潔になりやすいのに比べ、オールセラミックは天然の歯より清潔といえます。

アレルギーの改善

アレルギーの発症はアレルギーの原因となるアレルゲンの存在が問題になります。お口の中では歯の治療に使用する金属があります。お口の中に金属があると全身のアレルギーの原因にもなります。お口の中の金属を除去してオールセラミックに置き換える治療をするとアレルギーの改善が期待できます。メタルフリーのオールセラミックはアレルゲンとならず体に優しく安心して治療を受けられます。

オールセラミックのデメリット

オールセラミックは今のところ歯の治療に一番適した材料ですが、デメリットもあります。 オールセラミックのデメリットを確認しましょう。

費用・料金が高い

オールセラミックでの治療を正確に行うには治療を行う歯科医師とセラミックを作製する歯科技工士の高い技術と知識、セラミック用の歯を削るダイヤモンドバー(ドリル)、型取り、接着の材料が必要になります。そのため保険診療に比べ費用・料金が高くなってしまいます。

また、より自然に見えてクオリティの高いオールセラミックほど費用・料金は高くなります。

硬いものに弱い

オールセラミックはいわばガラスや陶磁器のようなもので、十分な強度はあるものの硬い床などにガラスや陶磁器を落とすと割れるように、セラミックも硬いものに強く当たると欠けたり、割れたりしてしいます。

日常生活ではあまりないことですが、転んで壁や道路に歯をぶつけたり、間違って骨を噛んだり、不意の事故でセラミックや歯が割れることもあります。

仕上がりが歯医者によって違う

仕上がりの良さは治療する歯医者の技術と知識にかかってきます。実際にオールセラミックを作製するのは熟練した歯科技工士ですが、どのように作製するか指示をするのが歯科医師であり、オールセラミックに適した形に歯を削り、正確に型取りをするのも歯科医師です。

さらに見た目のきれいさである審美性については担当する歯医者のセンスが重要です。

セラミックを長持ちさせる5つのポイント

きれいなオールセラミックがしっかり出来上がったら、できるだけそのきれいさを長持ちさせましょう。他の歯や歯ぐきの状態によってセラミックの状態に影響があるので注意してください。

毎日のセルフケア

まずはご自身でできる毎日のセルフケアをがんばりましょう。 セラミックで治療した歯は自分の歯とセラミックの境い目が一番汚れがつきやすいので、毛先の細い柔らかい歯ブラシで丁寧にブラッシングしてください。隣りあった歯と歯の間はデンタルフロスでケアしてください。詳しい方法は歯医者さんで教えてもらってください。

歯科医院でのメインテナンス

何も気になることがなくても半年に一度は歯医者さんでメインテナンスをしましょう。 歯科医院では定期的に歯と歯ぐきの状態を検査して、必要なメインテナンスをしてもらえます。 セルフケアで行き届かないところがないか、虫歯や歯周病が進行していないか、かみ合わせに問題はないかをチェックし、お口の中全体を健康に保つようにします。

事故にあわないように!

オールセラミックは衝撃や硬いものに弱く、欠けたり割れたりすることがあります。 事故で強い衝撃をうけて歯が欠けたり割れたりすることは聞いたことがあると思います。事故は防げないときもありますが、なるべく事故にあわないようにしましょう。また、歯ぎしりや食いしばりもセラミックが欠けたり割れたりする原因になるので注意してください。

他の歯の治療もすること

歯は上下・左右のバランスが悪いといろいろなところに悪影響が出ます。 歯がなくて噛みにくいところがあったり、虫歯などでものがつまりやすくなって気になっていたり、痛くて噛めない歯があったりすると知らず知らずのうちに歯のバランスが悪くなり、自分で気づいたときには大がかりな治療が必要になることもあるので早めに治療を受けてください。

まとめ

オールセラミックは様々な歯の治療に適応でき、体に優しく、清潔できれいで現在ではベストの材質です。費用・料金が高くなること、歯科医の技術・知識により仕上がりが違うことなどのデメリットがありますが、いい歯医者さんに治療してもらうとメリットがたくさんあります。

一般的な保険診療の治療よりも自由診療のオールセラミックの治療のほうが歯の寿命を延ばすことができます。 定期的なメインテナンスを受けて自分の歯でしっかり噛めて、健康で美しい口元を保ちましょう。

24時間オンライン診療予約