大人も子供も?歯ぎしりの原因と対策

歯ぎしりの症状

まずは歯ぎしりの症状について詳しく紹介します。歯ぎしりのことは別名「ブラキシズム(口腔内悪習慣)」といいます。歯ぎしりとは歯を擦り合わせたり、過度に歯を噛みしめたりする動作です。歯ぎしりは無意識のうちに行っている人がほとんどです。 眠っている時に歯ぎしりをしている場合、一緒に寝ている人や暮らしている人の指摘で症状に気づくことが多いです。

これは歯を噛みしめている力が強い場合、歯ぎしりをした時に周りに音が聞こえるからです。 実は歯ぎしり自体は症状の重さに個人差はありますがほとんどの人が行っています。そして歯ぎしりを放っておくと、歯を削っていたり、歯を変形させていたり、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。歯ぎしりが原因で他の病気や歯のトラブルが起こるリスクがあるのです。

今自分は歯ぎしりをしていないと思っている人も、冷たいものを食べた時に歯はよくしみたり、食べ物を噛んだ時に痛いと感じたりするなら注意してください。気づかない間に歯ぎしりをしていて歯が消耗されている、傷ついている可能性があります。

歯ぎしりには3つのタイプがあります

グラインディング

グラインディングとは、ギリギリと上下の歯を擦り合わせるタイプの歯ぎしりになります。多くの人がしている歯ぎしりはこのグラインディングタイプの歯ぎしりになります。ギリギリと音が聞こえるのがグラインディングの特徴です。 このグラインディングは無意識に行われる口腔習癖です。そして歯や顎、顎間接などに大きな圧力がかかるので、症状がさらに悪化し歯や顎に影響が及ぶことがあります。

クレンチング

クレンチングとは上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしりです。大きなストレスなどがある時に歯を強く食いしばるのがこのクレンチングです。グラインディングと違ってこのクレンチングは音がしません。 クレンチングは無意識に歯を食いしばっているため、知らない間に歯を削ってしまったり肩こりを感じたりします。顎のエラの部位に痛みを感じたり、上下の歯の噛み合わせ面が擦り減っていたりしたらクレンチングの可能性が高いです。

タッピング

タッピングとは上下の歯を合わせてカチカチな鳴らす歯ぎしりです。歯をリズミカルにカチカチと合わせるのがタッピングの大きな特徴です。ギリギリと音が鳴るグラインディングとは音の種類が違うのでそこでタイプを分けましょう。 一緒に眠っている人などはこのタッピングの音を聞いても何の音か分からず驚く人も多いと思います。グラインディングやクレンチングと比べて顎や歯などへの影響は少ないのですが、ストレスや噛み合わせなど、思いつく原因がある人は改善を考えてみてください。

睡眠時の歯ぎしりに注意

歯ぎしりをしてしまうことで悪い影響が出るのは歯や顎だけではありません。眠っている時、無意識に歯ぎしりを毎晩繰り返していると熟睡ができず不眠の原因になります。 眠っている時に歯を噛みしめたり歯ぎしりをしてしまったりすることを「睡眠時ブラキシズム」といいます。

そして眠っている時にする歯ぎしりの場合、無意識のため起きている時よりも抑制が効かず、歯や顎により大きい負担をかけてしまいます。 なのでセラミックスなどの素材を歯に利用している人は注意が必要です。セラミックスは天然歯や金属歯に比べて脆いので、寝ている間に破損する恐れがあります。 睡眠時プラキシズムは浅い眠り(レム睡眠)の時に起こりやすいです。

なので起きている昼間も睡眠の質を高める習慣をつくるのが眠っている間の歯ぎしりを止める近道です。 また眠っている間の呼吸が止まる病気、「睡眠時無呼吸症候群」の人も、呼吸をしていない時に歯ぎしりをします。今睡眠時無呼吸症候群である人はこの病気を改善させることが歯ぎしりを止める第一歩です。できるなら良くない生活習慣や寝室の環境を変えて熟睡できるようにしましょう。これが寝ている間の歯ぎしりを予防する方法です。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は人によって違います。なので自分の生活や習慣を見直し、歯ぎしりの原因となるような習慣などがないか、思い返して確認してみるのが歯ぎしりの改善には必要です。 続いて歯ぎしりの原因についてそれぞれ詳しく紹介いたします。

ストレスの溜まる生活

実は歯ぎしりの原因に科学的根拠が実証され、明確となっているものはありません。一概にこれが原因だと定義づけられたものがないのです。 しかしその中でも最も有力な原因の説はストレスです。人は強いストレスを感じると無意識に体を揺らすなど仕草、行動にあらわれます。なので歯ぎしりもストレスによる動作の一つと考えられています。歯ぎしりによってストレスを発散しているといわれています。

過度な集中

眠っている時だけではなく、昼間にも気付かない間に歯を食いしばっていることはありませんか?仕事や運動、家事など何かの行為に集中している時、気付かない間に歯を食いしばるのもあまり良いことではありません。 この食いしばりはクレンチングに該当する歯ぎしりなのですが、緊張していたりストレスを感じていたりする時によくしてしまいます。

過剰な力で歯を食いしばってしまうと顔の筋肉が緊張し、頭痛や肩こりの原因になります。 ただしこの場合は起きている昼間の歯ぎしりなので、一度自分が歯を食いしばっていると気付けば意識的に止めることができます。集中している時に自分が歯を食いしばる癖があることを自覚し、すぐに口元をリラックスさせるよう心がけましょう。 また昼間に歯を強く噛みしめる癖があると、筋肉がその癖を記憶し眠っている時も無意識に行ってしまう可能性があります。起きている間に噛みしめる癖を改善させましょう。

アルコールやタバコ

もともとアルコールやタバコは睡眠に良い影響を与えないものです。なのでアルコールやタバコの影響で睡眠が浅くなり、歯ぎしりが起きている可能性があります。 寝つきを良くするために眠る前にアルコールを飲む人もいますが、過度の飲酒は睡眠の質を下げます。眠る直前にアルコールを飲むと、睡眠の前半はアルコールを分解する時に発生するアセトアルデヒドの影響で深い睡眠(ノンレム睡眠)に入れます。

しかしその反動で後半は浅い眠り(レム睡眠)が増えるので、熟睡ができません。 またタバコに含まれているニコチンには覚醒作用があります。タバコを吸うと興奮したり活発に働いていたりする時に優位になる交感神経が働くようになり、眠る時になっても落ち着きません。結果として浅い眠りがつづき、歯ぎしりをしやすい睡眠の状態をつくってしまいます。 普段アルコールやタバコを摂取する人も、歯ぎしりを減らすために摂取する量や時間帯に気を付けてください。

逆流性食道炎

「逆流性食道炎」という病気を知っていますか?逆流性食道炎は強い酸性の胃液や胃酸、まだ胃で消化されている段階の食べた物が食道へと逆流し、食道が炎症することによって起こる病気です。この病気になると胸やけや胸の痛み、酸っぱい液体が口まで上がってくる呑酸(どんさん)という症状があらわれます。 この逆流性食道炎によって胃酸が逆流して食道へ上がってくると、口の中が胃酸の影響で酸性に傾きます。

すると私たちの体は口の中を元の中性の状態に戻そうとし、唾液を分泌しはじめます。そして唾液を分泌するために歯ぎしりをしてしまうのです。 なので今あなたが逆流性食道炎ならばこの病気を治すことで歯ぎしりも治ります。胸やけや胸の痛みを感じる人は一度お医者さんに相談してみてくださいね。

歯並び・歯ぎしり

全ての人に当てはまるわけではありませんが、歯並びが悪いことが歯ぎしりの原因にもなります。それは歯並びが悪いことによって噛み合わせが安定せず、ストレスを生み歯ぎしりをしやすくなります。 私たちの歯並びは常に変化していきます。成長や虫歯、歯周病などの治療、老化などによって歯並びは変わり噛み合わせも変わります。そしてその噛み合わせの変化を歯ぎしりによって調節するのです。 食事をしている時に噛み合わせが悪いと感じたら歯医者さんに相談しましょう。噛み合わせを良くすることが歯ぎしりを解消できる方法です。

歯ぎしりを放っておくと起こる悪影響

歯ぎしりを長期間放っておくと他の症状を引き起こすリスクがあります。つづいて歯ぎしりによって起きる悪影響について詳しく紹介いたします。より悪い症状を引き起こさないためにも、すぐに改善のために行動を起こすのが大切です。

顎関節症になるリスク

食事をしている時に顎が鳴ったり、口を大きく開けることができなかったり、顎が痛んだりすることはありませんか?これらは顎関節症(がくかんせつしょう)の時に起きる症状です。 顎関節症が悪化すると口が開かない、顎の痛みで食事が取れない等問題が起きます。歯並びを綺麗にすることで顎関節症をある程度予防できますが、実は歯並びが綺麗な人でも歯ぎしりをする人は顎関節症になりやすいです。 歯ぎしりによって顎の筋肉が疲れてしまい、痛みを感じたり関節に障害が出たりするのです。

歯並びが変わるリスク

強い力で歯ぎしり、食いしばりをつづけていると常に歯に強い力が加わるので歯並びにも影響が出てきます。ずっと歯ぎしりを行っていると奥歯など強い力が加わっている歯が削れ、噛み合わせの面が平らになっていくのです。 また虫歯などの治療で歯にセラミックの詰め物やかぶせものをしている場合、歯ぎしりによってそれらの物が割れてしまうことがあります。噛んでも割れない固いセラミックもありますが、逆に歯がダメージを受けてしまうので歯ぎしりを改善させるのが一番です。

頭痛・肩こり

歯ぎしりや食いしばりをする時、顎から頭の横へと広がっている筋肉、側頭筋(そくとうきん)という筋肉が使用されます。歯ぎしりをすると側頭筋が緊張し、頭が締め付けられているような頭痛が起きます。 また歯ぎしりの時に使われる多くの筋肉は顎、首、肩へと繋がっています。そのため歯ぎしりをすることによってそれらの筋肉が緊張し、肩の筋肉が強張り肩こりになってしまうのです。

歯周病の悪化

歯ぎしりをつづけていると歯周病が悪化しやすくなります。歯周病(歯槽膿漏)になると歯と歯肉の境目に細菌が溜まり、歯肉が炎症を起こして腫れて赤くなります。そして歯周病が悪化すると歯を支える土台が溶け、歯がグラグラするようになります。 歯ぎしりをすることによって歯の根元に強い力が加わり、歯と歯茎の隙間が拡大します。そして隙間に細菌が増殖しやすくなります。なので歯周病が悪化してしまうのです。 また歯ぎしりをすると歯の表面のエナメル質が削られます。するとエナメル質の中にある、柔らかい象牙質という部分が表面に出てきます。この象牙質は刺激に弱いため、冷たいものなどを食べるとしみるようになります。

骨隆起になるリスク

口の中にこぶのような固い膨らみができたことはありませんか?その膨らみに触っても痛みがないのなら、それは骨隆起(こつりゅうき)です。 骨隆起は骨が過度に成長した状態のことで、ほとんどの骨隆起は特に体に害をもたらしません。しかし入れ歯の邪魔になったりすることもあるので、その時は切除することもあります。 歯ぎしりをすると顎の骨に過度に力が加わることがあり、力が集中したところに骨隆起ができることがあります。すでにできている人は一度歯医者さんに行き問題がないか確認してもらいましょう。

美容への悪影響

歯ぎしりは美容にも影響を与えます。歯ぎしり、食いしばりを繰り返していると顎周りの筋肉を過剰に使うため、顎の筋肉だけが発達し、大きくなっていきます。エラを張っているような顔の印象を与えてしまいます。 小顔になりたい人が顔の表情筋を鍛えることはありますが、歯ぎしりの際に使用する筋肉とはまた別の筋肉です。美容に気を遣っている人は歯ぎしりを早めに改善させましょう。

お子さんが歯ぎしりをしている原因と対策

歯ぎしりをするのは大人だけではありません。小さなお子さんも無意識のうちに歯ぎしりをしていることがあります。お父さんとお母さんからしたらお子さんの歯ぎしりに問題はないのか、確かめたいと思います。 つづいてお子さんの歯ぎしりについて詳しく紹介いたします。

お子さんの歯ぎしりは時期が大切です

お子さんが歯ぎしりをしていた場合、治療が必要かどうかはまずお子さんの年齢から判断しましょう。 早い子であれば歯が生え始めた赤ちゃんの時期から歯ぎしりを始める子もいます。しかし歯ぎしりを始める理由は特に問題があるわけではなく、歯ぎしりをすることによって顎の位置や噛み合わせを調整している可能性が高いのです。 また乳歯から永久歯に生え変わる時期もお子さんは歯ぎしりをすることがあります。

これも噛み合わせを調整していたり、永久歯が生えてこようとしている部分の調整をしていたりする可能性が高く、特に問題はありません。 しかしもしお子さんが夜眠っている間だけ歯ぎしりをするのであれば注意が必要です。なぜなら睡眠中にだけ行う歯ぎしりはストレスが原因である可能性が高いからです。

当たり前ですが大人と同じように子供も環境の変化などにストレスを感じます。お子さんが頻繁に睡眠中に歯ぎしりをしているのであれば、ストレスのもととなっているものがないか観察することをオススメします。 また永久歯が生え揃った6歳以降も歯ぎしりがつづいているのなら注意が必要です。噛み合わせの調整といった、成長が原因ではない歯ぎしりの可能性が高いからです。お子さんが強い力で歯ぎしりを繰り返しているようであれば顎関節症などになるリスクもあるので歯医者さんに相談しましょう。

子供の歯ぎしりへの対処法2つ

つづいてお子さんの歯ぎしりの改善させる方法を2つ紹介いたします。お子さんの場合特に歯ぎしりに問題がないことを先ほど紹介しましたが、少し習慣を変えるだけで歯ぎしりがなくなることもあります。気になる人は見てみてください。

1.子供がストレスを溜めていないか観察する

大人と同じように子供もストレスが原因で歯ぎしりをしていることがあります。そして子供はまだストレス解消の方法を探せておらず、歯ぎしりで解消している可能性が高いです。 お子さんがストレスを溜めている時、歯ぎしり以外のサインを出していることがあります。

24時間オンライン診療予約