歯磨き粉(ペースト)と歯磨きジェルの違い

歯磨き粉と歯磨きジェルの違いは?

歯磨き粉と歯磨きジェルは成分が大きく異なる
歯磨き粉はある程度硬さがある白いペースト状であるのに対し、歯磨きジェルは透明でやわらかいのが特徴です。
この両者の性状を大きく分けるのが、『研磨剤』と『発泡剤』の2つの成分となります。
『研磨剤』と『発泡剤』が含まれるもの=歯磨き粉
『研磨剤』と『発泡剤』が含まれないもの=歯磨きジェル
とご理解して頂くといいでしょう。

【研磨剤】

研磨剤はその細かい粒子によって、歯の表面についたプラークや着色汚れを落としやすくする働きがあります。

主な成分に

・炭酸カルシウム
・リン酸水素カルシウム
・無水ケイ酸

などがあり、歯磨き剤の成分表示では『清掃剤』という部分に記載されています。
汚れを取りやすくする働きの一方で、研磨剤は粒子によって歯や歯ぐきを傷つけてしまうことが懸念されます。

【発砲剤】

発泡剤の役割としては、歯磨き剤を泡立てることで口の中に成分を拡散させ、汚れを落ちやすくすることが挙げられています。
しかしこの泡立ちは歯磨きの時間を短縮させ、かえって汚れ落ちが悪くなることが指摘されています。
また発泡剤として一般的に配合されている『ラウリル硫酸ナトリウム』という物質は、口の中の粘膜を保護するムチンの働きを弱めてしまうことがわかっています。
そのため口腔乾燥症など、口の中が乾きやすいという方などには発泡剤の入った歯磨き剤はあまりお勧めできません。

歯磨き粉と歯磨きジェルはどちらが効果的?

歯磨きジェルは研磨剤や発泡剤が含まれないことから、「歯や歯ぐきに優しい歯磨き剤」として注目さています。
しかし歯磨きジェルの最大の特徴は、性状がやわらかいため歯磨き剤の成分が歯に密着しやすく、また歯の細かいすき間にまで届きやすいことにあります。
虫歯や歯周病の原因となるプラークは、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの機械的な力でしか取り除くことができません。
つまり汚れと落とすだけであれば、あえて歯磨き剤を使用する必要はないのです。
それでは歯磨き剤に何を期待するのかといえば、そこに配合されている薬用成分の効果です。
むし歯予防に効果的なフッ素(フッ化物)や歯周病の殺菌成分、炎症を抑える成分など、現在の歯磨き粉や歯磨きジェルには実に様々な薬用成分が配合されています。
しかしジェル状ですので、着色を落とす効果はあまり期待できないかもしれません。
着色汚れがつきやすい方は、週に1、2回研磨剤配合の歯磨き粉を使ってもいいでしょう。

歯磨きジェルのメリット・デメリット

メリット
◆発泡剤が少ないことが多い

まず挙げられるのが、歯磨き粉を泡立だせる成分が少ないことが多いという特徴です。
一般的な歯磨き粉が泡立つのは、「発泡剤」という成分が入っているからです。
しかし、ジェルタイプには発泡剤が入っていない、もしくは、入っていても少量であるものが多いです。
泡が口の中いっぱいに広がるとなんだか「歯磨きをやったつもり」「きれいに磨いたつもり」になってしまいがち。
その点、虫歯・歯周病予防には向いているといえます。

◆研磨剤が少ない

ジェルタイプの歯磨き剤は、研磨剤という歯を物理的に削り落とす成分が含まれている量が少ないという特徴があります。
次のように、一般的なペースト状の歯磨き粉に比べて、ジェル状タイプには研磨剤が入っている割合が低くなっています。
研磨剤がよくないといわれている理由は、ゴシゴシ強い力で磨く、もしくは電動歯ブラシで磨くと、歯の表面のエナメル質に傷がつく恐れがあるためです。

◆隅々にまで成分が行き届きやすい

また、ジェルタイプはペースト状の歯磨き粉よりも、口の中の隅々にまで行き渡りやすいメリットもあります。フッ素や殺菌成分が配合されている歯磨き剤であれば、その成分が口の中の隅々まで成分が行き渡るため、その成分の効果が期待できるでしょう。
加えて、最終的にフッ化物などの効果のある成分が「歯に留まりやすい」というメリットもあるため、歯周病予防にも役立ちます。

◆電動歯ブラシと相性がいい
電動歯ブラシにペースト状のいつもの歯ブラシを使用してしまうと、どうしてもはねたり、飛んだりしてしまうからです。
ジェル状であれば、それが回避できるので、電動歯ブラシにもってこいといえます。
また、先ほどもご紹介した通り、研磨剤が不使用、もしくは少量のものがジェル歯磨き剤には多いため、エナメル質に傷がつく恐れもありません。

デメリット
◆着色がつきやすい

研磨剤には着色を落とす効果があります。
研磨剤が配合されていない歯磨き粉ですとその効果がありませんので長期にわたって使い続けていると、着色がついてきます。
しかし着色自体は虫歯の原因でも歯周病の原因でもありませんので、定期的に歯科医院でクリーニングしてもらえば問題ありません。

歯磨き粉のメリット・デメリット

メリット
◆ステインを落とす力が強い

ステインを落とす力には定評のある研磨剤ですが、毎日使うのは控えたほうがいいです。
というのは、ステインを落とす力が強すぎるので、歯への負担が大きくなってしまうためです。
そこで、週末だけステイン対策として使うことをおすすめします。
要は、研磨剤入りの歯磨き粉を使う日と、研磨剤なしの歯磨き粉を使う日をしっかりと分けるということです。
スクラブ入りの洗顔料も毎日使えば肌を傷めてしまいますね、研磨剤も同じようなものです。

◆ホワイトニング効果

ステインとは着色汚れを指します。
コーヒーやワインで歯が茶色くなってしまいますが、そういったものがステイン汚れです。
特に、コーヒーやタバコを常用している方には切実な問題ですね。
確かに研磨剤にはステインを落とす効果がありますが、適量を心がけることが大事です。
やや歯への刺激が強い研磨剤ですが、詰め物や差し歯のステインにも高い効果を発揮し、大きな傷の心配もありません。
使い分けることでメリットが得られるといえます。

デメリット
◆エナメル質を傷つける

歯医者さんが研磨材フリーの歯磨き粉を勧める理由は、その高い研磨効果により、エナメル質が傷ついてしまう点にあります。
エナメル質の下は、神経につながる穴を無数に持つ象牙質があります。
つまりエナメル質を削りすぎることで、
神経に刺激が伝わりやすくなり、知覚過敏になる可能性もあります。

◆歯周ポケットに入り込むこともある

硬い研磨材は歯茎を磨く時に強い刺激となりやすく、歯茎に炎症を起こす原因になることもあります。
また、最近では粒子の細かい研磨剤もあり、そういった成分が入った歯磨き粉を使えば、従来のものより歯を傷つけずに済みます。
ただし、小さな粒子だからこその問題も起こっています。
実は、マイクロスコープで歯周ポケットを観察すると、研磨剤の粒子が詰まっていることがあります。
そのため、歯周病の方は粒子の細かい研磨剤が入った歯磨き粉は、使用しないほうがいいでしょう。

◆インプラント治療を受けた方は避けた方がいい

研磨剤や清掃剤といった類の顆粒の多い歯磨き粉が上部構造と歯茎の間に挟まって、長時間残ったままになってしまいます。
そうなると「インプラント周囲粘膜炎」を引き起こしてしまいます。
ひどくなると「インプラント周囲炎」に移行するケースもあります。
インプラント治療を受けた方は、研磨剤や清掃剤として顆粒の配合されている歯磨き粉は避けて、歯磨きジェルや研磨剤不使用のものを使用するようにしましょう。

◆子供の歯磨きには向かない

研磨剤はステインを落としてくれるというメリットはありますが、その他に使うべき利点は見当たりません。
大人の永久歯に比べて、柔らかい乳歯には特に必要のない成分だといえるでしょう。
子供の歯を白く保ちたいのであれば、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうほうが安全です。

歯磨きジェルでおすすめは「ジェルコートF」

◆発泡剤・研磨剤無配合
口中が泡だらけにならず、歯面を傷めない

ラウリル硫酸Naという石鹸やシャンプーに含まれる界面活性剤が配合されていない為、泡はたちません。
また、泡立ちのある歯磨き剤だと口の中はさっぱりとした感覚になりますが、磨いた気になるだけで終わってしまうこともあります。
研磨剤も無配合なので、ブラッシング圧が強くなりがちな方の、歯の磨耗の防止になります。

◆歯科推奨の殺菌、フッ素効果
塩酸クロルヘキシジン(殺菌剤)、
フッ化ナトリウム(フッ素)が歯をコートする

歯周病に唯一効果があると認められている成分が「クロルヘキシジン」です。
クロルヘキシジンは歯の表面についているプラーク(歯垢)中の歯周病菌だけでなく、口の中に浮遊している歯周病菌も殺菌します。
また、高濃度(950ppm)のフッ素を配合しています。
フッ素は、むし歯予防に関する様々な働きをしてくれます。
フッ素配合ハミガキ剤を長期間継続的に使用することで、予防率はアップします。

◆爽やかなミント味
毎日の歯みがきで、お口スッキリ爽やか

どのような方におすすめ?

◆むし歯・歯周病予防をしたい方
高い殺菌効果!
フッ素コートで歯を強く!
安心・安全の追求!

◆電動歯ブラシを使っている方
電動歯ブラシでホームケアをする患者さんは摩耗を防ぐ為に、研磨剤無配合がおすすめです。

◆デンタルフロス・歯間ブラシを使っている方
ジェルコートFをフロスや歯間ブラシにつけて使用することがおすすめです。
殺菌成分と、フッ素が配合されていますので、歯と歯の間のプラークコントロールの効果が高まることが期待できます。

◆舌ブラシを使っている方
舌垢(ぜったい)は口臭の原因になるだけでなく、味刺激が味蕾細胞に届きづらくなるため味を感じにくくなることがあります。
一方で、舌ケアをする際、磨きすぎによる舌組織の破壊リスクもあるので、物理的な摩擦を軽減するために、
ジェルコートFをつけてケアをすることをおすすめします。

ジェルコートFの使い方

使い方は普通の歯磨き粉と同じです。
ポイントは歯磨きの後は軽くゆすぐことです。
しっかりゆすいでしまうと、ジェールコートFの良い成分が流れてしまいます。
歯磨き剤として使うのはもちろん、歯磨きの後に歯ブラシで歯の表面全体に塗るのもおすすめです。
夜寝る前にこの使い方をすると、むし歯・歯周病予防により効果的です。
しかし、ジェル状ですので、着色を落とす効果はあまり期待できないかもしれません。
着色汚れがつきやすい方は、週に1、2回研磨剤配合の歯磨き粉を使ってもいいでしょう。

まとめ

歯磨き粉のデメリットは”磨いた気”になってしまうこと。
歯磨き粉のデメリットはいくつか挙げられますが、その中でも”磨いた気”になってしまってしまうことは大きなデメリットです。
歯磨き粉を使うと、何も使わずに歯を磨いたときに比べて泡立ちがあります。
歯が泡立つと「しっかり磨いた」という気になってしまい、満足に歯を磨いていないまま歯磨きを終えてしまうのです。
そのため歯と歯のすき間についているプラーク(歯垢)をしっかり落とさないまま歯磨きを終えてしまうこともあって、虫歯や歯周病を招きやすくなります。
そして、日本人の80%は歯周病だと言われています。
最近は若い人も予備軍だったりします。
歯周病の何が怖いかと言うと、進行すると歯が抜けてしまうということです。
高齢になって歯が抜けるのは虫歯よりも歯周病が多くなってきます。
ですから、早めの歯周病予防がおすすめです。
定期的に歯科医院で歯石を除去し、歯石が出来ないようにしっかり
歯磨きやフロスをすることで防げます。
口臭が気になる人は虫歯や歯石が原因である事が多いです。
気になる方は是非歯科医院へ行ってみてください。
ジェルコートFは当院でもお買い求め頂けます。