冷たいものがしみる。【知覚過敏】

 

虫歯ではないのに歯が痛いときや、違和感を感じることがあります。体験したことがある方もいらっしゃると思います。なにが原因でなるのか?その痛み、違和感をなくす対処法は?

すごく痛いわけじゃないけれど

もともと虫歯になったことがない、もしくはしっかり全部の虫歯を治し、歯医者の定期検診では虫歯はないと言われたのに、しみたり、違和感を感じることがあります。こんな経験ありませんか?

1. 冷たいものがしみる、歯磨きでしみる

普段は気にならない冷たいお水や飲みものがしみる。ブラッシングをしていてチクっとしたしみる感じがした。氷やアイスのような特に冷たいものであれば気にしなくても大丈夫ですが、あまり続くと気になります。

2. 噛むとしみる時がある

食事の時やガムを噛んだ時にしみる感じがするときがあります。じわっとした痛みや、刺さるような痛みもあるようです。 すごく硬いものを噛んだわけではないのに痛みがあるときも気になりますね。

3. 歯が浮いた感じがする

食事をした後やふとした時、なにげなく歯を噛んでみたときに違和感を感じ、歯が浮いた感じがするがすることがあります。歯が動くような感じがすることも。

それは知覚過敏です。なぜ知覚過敏になるのでしょう?

虫歯じゃないのに歯がしみるとき、それは「知覚過敏」です。 知覚過敏はどうして起こるのでしょう。その原因は何でしょう?

歯の磨きすぎ?

以前は、硬い歯ブラシや研磨剤の多く入った歯磨き粉をつかって歯磨きをすると、前歯から奥歯に歯の付け根の部分がくさび状に削れてしみるようになると思われていました。最近では、歯ぎしり、食いしばりで歯の付け根の部分に力が集中し、くさび状に欠けて痛みに敏感になると考えられています。

虫歯?

歯がしみたり、歯が痛むといえば虫歯だと思いますよね。 知覚過敏は虫歯と違い、歯に穴があいたり、歯の色が悪くなったり、レントゲンで影になったりはしません。一見、なんでもない歯がしみるのが知覚過敏です。

知覚過敏とは?その原因は?

知覚過敏は文字通り、知覚(刺激を意識すること)が刺激に対して過度に敏感な状態になっている状態で、普通は反応を示さない程度の弱い刺激に鋭敏に反応して,一定の症状を呈するような状態です。 その原因は、寝ているときなどに無意識に行っている歯ぎしりや食いしばりです。

人間の噛む力は体重と同じくらいあると言われ、その力が歯の神経や歯を支える歯根膜に直接的に刺激を与えたり、歯の表面のエナメル質が細かく壊れる

知覚過敏の応急処置と治療方法

知覚過敏になった時のすぐできる応急処置と、治療方法です。

1. 応急処置:自分でできる方法

知覚過敏の応急処置はしみる歯を清潔にして、市販の知覚過敏用の歯磨き剤を使用することです。 具体的には以下の手順で行うのがおすすめです。

知覚過敏用の歯磨き剤は歯の表面のしみる部分をカバーして痛みを抑えてくれる成分が入っているので、その成分を歯の表面にしっかり効かせるのがポイントです。

2. 歯医者さんでの治療

歯医者さんでは痛み、しみかたの強さで治療方法を選択します。 軽度の場合:歯に知覚過敏を抑える薬を塗布します。 中等度の場合:欠けている部分につめものをします。 高度の場合:痛みを感じる歯の神経をとる治療をします。

3. 予防法

知覚過敏は主に寝ているときなどの無意識な状態での歯ぎしり、食いしばりが原因です。 予防法としてはナイトガードと呼ばれるマウスピースを歯医者さんで作製し、歯が痛む時、痛くなりそうな時に上の歯に装着して上下の歯の強い接触を抑えることがおすすめです。

まとめ

虫歯じゃないのに、歯がしみるときは知覚過敏が疑われます。 知覚過敏は歯ぎしり、食いしばりが主な原因で歯の表面のエナメル質に目に見えない小さなヒビが入ったり、歯の根が露出することにより痛みを感じやすくなった状態です。

処置としては、まず歯の表面の痛みを感じる部分を薬でカバーすることで痛みが強いときには歯の神経をとる治療をすることもあります。 知覚過敏による痛みを予防するにはナイトガードと呼ばれるマウスピースが有効です。

24時間オンライン診療予約