虫歯になりやすい人の特徴 | なりにくい人になるための対策

「なぜ自分は何度も虫歯になるのだろう・・・」

と考えたことはありませんか?

世の中には「一度も虫歯はできたことがない」という人、「つぎからつぎへとできてしまう」という人がいます。

両者の違いはズバリ体質と生活習慣です。虫歯になりやすい人は、治療しても根本的原因の体質と生活習慣を改善しなければ、何度も虫歯になってしまいます。

ここでは、虫歯になりやすい人の特徴をご紹介します。なりやすいと感じている人は、いくつ当てはまるかチェックしてみてください。

また、虫歯になりにくい人になるための対策についてもお話いたします。

虫歯になりやすい人の特徴5つ

虫歯になりやすい人に見られる特徴は、以下のとおりです。多く当てはまるほど、リスクが高くなります。

1. 体質的な問題

唾液量や歯の丈夫さ、口呼吸をするなど、もとの体質から虫歯ができやすい方もいらっしゃいます。とくに唾液は口内の菌の殺菌、歯が溶けるのを防ぐなど、非常に重要なはたらきをします。

2. 歯並びや噛み合わせが悪い

歯間のスキマが大きかったり、歯が重なった部分などがあったりすると、その部分に歯垢が詰まりやすいです。歯ブラシが入りにくい場合、詰まったままになって虫歯を誘発することがあります。

3. 歯みがきの頻度が少ない、間隔が広い

歯をみがく頻度が少なかったり、つぎにみがくまでの間隔が広すぎたりすると、それだけ長時間歯に歯垢がついたままになり虫歯リスクを高めることになります。

4. よくジュースやお菓子を摂取する

ジュースやお菓子を高頻度で食べていると、それも歯垢が長時間ついたままになってしまうので、虫歯リスクを高めます。また、喫煙も同様です。

5. 歯みがきが不十分

歯を短い時間で雑に磨いたり、何かを見ながら片手間で磨いたりしていると、歯垢がしっかり取りきれずに虫歯を誘発しやすいです。

虫歯になりにくい人になるための対策

虫歯になりやすい方でも、適切な対策をとれば虫歯になりにくくなります。もしなってしまっても早い段階で気づいて最小限の負担で治療できます。

定期的に検診を受ける

歯医者に行くのは「面倒くさい」「怖い」などの理由で、足が遠のいてしまう方は少なくないでしょう。しかし、定期的に検診を受ければ、虫歯の有無が分かり、できていた場合は早期発見・治療が可能です。

早く見つかれば治療も痛くありませんし、毎週のように通って施術する必要もありません。できれば3ヶ月~半年に一回程度で通われることを推奨します。

矯正治療をおこなう

矯正をおこなえば、歯並びや噛み合わせが原因の虫歯が起こりにくくなります。ただし、当然ですが矯正はお金がかかりますし、長期間にわたり器具を装着していなくてはなりません。

しかし、一度矯正すれば歯垢が引っかかりにくくなり、歯も磨きやすくなるので、虫歯を予防することができます。そのうえ、見た目上もスッキリした口元になるので、メリットは大きいです。

食生活を見直す

アメやガムなどをダラダラ食べ続ける、何回も間食を食べるなどは、虫歯のリスクを高めます。歯に影響するのは食事の量ではなく回数です。

食事は一定の時間を置いて朝・昼(間食)・晩だけにするなど回数を減らし、食事の際は一緒に水やお茶を飲んで、口内が酸性になりすぎないように心がけるとよいでしょう。

歯みがきを見直す

歯科医院ではブラッシング指導も受けられます。その場で歯を磨き、その様子を歯科衛生士がチェックすることで、どの部分が磨き足りないか、どう磨けばよいかを教えるというものです。

また糸ようじや、デンタルフロスなどを使えば、歯ブラシだけで取りきれない食べカスや歯垢を除去できるので、磨き残しを減らせるでしょう。

まとめ

虫歯リスクは体質や生活習慣などの影響で高まります。しかし、以上のように予防することも可能です。体質だからと諦めることなく、定期検診を受けたり食生活を改善したりすれば、リスクは下げられます。

虫歯がよくできてしまうとお悩みの方は、予防法のなかでできそうなことから実践してみてはいかがでしょうか。

  • 定期的に検診を受ける
  • 矯正治療をおこなう
  • 食生活を見直す
  • 歯みがきを見直す