妊娠中の虫歯治療は赤ちゃんに影響ない?妊婦さんの虫歯に関する知識

妊婦さんは使用できる薬や受けられる治療に制限があります。そんなとき、虫歯や歯周病になってしまったら困りますよね。

そこで、妊娠中に麻酔や薬を使用した虫歯治療をしても問題ないのか、また可能であれば妊娠何か月目に治療するのがよいのか、などを解説します。

妊婦さんができる虫歯治療

以下のような歯科治療は妊婦さんが受けても問題ありません。虫歯菌は赤ちゃんにも感染することがあるので、出産前に治療しておくとよいでしょう。

虫歯の治療

削って詰める

歯を削る、詰めものをするなどの治療は問題なくできます。なお、治療時にレントゲンを撮る場合も口のみなので赤ちゃんに影響はありません。

神経を抜く

虫歯の進行次第では、神経を抜く必要も出てきます。この治療には麻酔が用いられますが、赤ちゃんには影響しません。

抜歯

こちらも神経を抜く場合と同様、麻酔を使って治療をおこなう必要がありますが問題ありません。しかし、後述しますが親しらずの抜歯は避けたほうがよいでしょう。

歯周病・歯肉炎の治療

妊娠中は虫歯や歯周病、歯肉炎になりやすいです。とくに歯周病を発症すると早産のリスクを高めてしまいます。歯石を取るなどの治療をおこない、進行を抑える必要があります。

妊婦さんが避けるべき虫歯治療

前項では受けて問題のない治療を紹介しましたが、避けるべきこともあります。

外科手術やインプラント治療

歯茎を切開する歯周外科手術やインプラントの治療は、痛み止めや抗生物質を服用しなくてはならない可能性があります。積極的におこなう必要はないですし、避けたほうがよいでしょう。

親知らずの抜歯

虫歯の抜歯は問題ありませんが、親知らずは別です。痛み・腫れが出やすく、こちらも上記と同様に痛み止めや抗生物質を服用しなくてはならない可能性もあります。

虫歯治療の赤ちゃんへの影響は?

治療時におこなう検査や薬剤の使用が赤ちゃんに影響しないか、などをくわしく解説します。

レントゲン検査

レントゲン撮影での赤ちゃんの被爆を心配される方もいらっしゃるでしょう。しかし、口のみに限定して撮影しますし、被爆を避ける専用エプロンを着用しておこなうので問題ありません。

麻酔を用いた治療

神経を抜く、抜歯などの治療には麻酔が用いられます。しかし、局所麻酔なので赤ちゃんに薬は届きません。また、薬剤も無痛分娩に用いるものなので心配ないでしょう。

痛み止めの服用

治療によって鎮痛剤を処方されることもあります。ボルタレンやロキソニンは妊娠中の服用が禁止されていますが、カロナールという薬なら問題ありません。妊娠中であることを告げておいてください。

歯医者に通うベストタイミングは?

歯の治療を受けたいとき妊娠してどのタイミングでかかるのがよいか、という部分についてお話します。

安定期に通うのがおすすめ

基本的にいつ治療しても問題ないですが、妊娠初期のつわりがある時期だと、治療中に体調が悪くなる可能性もあります。可能であれば安定期(妊娠5ヶ月以降)の治療が安心です。

世間的に多いのは6ヶ月目

妊娠・出産・育児サイト『ベビカム』が実施した「妊娠中の歯科治療」調査によれば、治療を受けた時期でもっとも多いのが妊娠6ヶ月とのこと。あまり後期はお腹が張って苦しいという意見がありました。

妊娠中の虫歯予防

妊娠中はつわりで歯みがきしにくかったり、ホルモンバランスの変化で唾液量が減って抗菌作用が落ちたり、虫歯になりやすいです。しかし、それらの原因を取り除けば虫歯を予防できます。

キシリトールガムを噛む

キシリトールは虫歯菌の活発化を抑える作用があります。また、ガムを噛むことで唾液の量を増やせるので、食後に噛むのを習慣にすると虫歯予防につながります。

デンタルフロスを使う

つわりで歯ブラシを口に入れているのがつらい場合、デンタルフロスや糸ようじ、マウスウォッシュなどを使ってデンタルケアをおこなうという手段もあります。

歯によい栄養を摂取する

歯の健康を保つのに有効な栄養素、たとえば以下のようなものを、積極的に摂取するよう心がけてみてください。

たんぱく質・糖質:歯の基礎をつくる
カルシウム・リン:歯の石灰化を促進する
脂質:同上
ビタミンA:エナメル質を形成する
ビタミンC:象牙質を形成する
ビタミンD:カルシウム・リンの吸収を助ける

妊婦歯科検診を受ける

定期的に検診を受けることで、歯の健康状態を知っておくようにしましょう。とくに歯周病を発症してしまわないよう、注意してください。

まとめ

妊娠中は虫歯や歯周病などになりやすいにも関わらず、体調の面などで通院なども大変でしょう。しかし、放っておくと赤ちゃんに影響してしまう可能性があります。

定期的に検診を受けて虫歯にならないよう注意して、もしなってしまった場合は頃合いのよいタイミングで受診し、しっかり治しておくのがおすすめです。