保険診療と自費診療について

保険診療と自費診療の根本的な違い

保険診療=健康保険適用
自費診療=健康保険が適用されず、全て自己負担

保険診療の場合は、70歳未満の人は3割負担、70~74歳の人は2割負担、75以上の人は1割負担となっています。
年齢が上がるにつれて、患者さんが負担する割合が減っていっています。
現状、3万円の治療費が発生しても、75歳以上の人であれば、3000円の支払いで済む計算になります。
これは虫歯も病気も全国どこで受けても同じ費用です。
一方、自費診療というのは、治療費の全額自己負担を意味します。 言い換えれば、10割負担ですね。
ですから、3万円の治療費が発生した場合、患者さんの年齢に関わらず、3万円の支払いが生じることになります。
これが保険診療と自費診療の根本的な違いです。

治療に使用できる材料の違い

保険料と自費診療では、治療に使用できる歯科材料に違いがあります。
例えば、虫歯治療を例に挙げてみましょう。
虫歯治療では、病変部を歯科用のドリルで削ることで取り除きます。
その際、生じた穴を歯科用の材料で埋めることとなるのですが、保険診療では、基本的にはレジンや、いわゆる銀歯と呼ばれる特定の合金しか使用することができません。
これらは材料費の原価が安いため、保険が適応されています。
けれども、レジンや銀歯というのは原価が安い分、劣化しやすかったり、見た目が悪かったりします。
また、銀歯による金属アレルギーが起こることも考えられます。
長い間お口の中に入れることで、唾液や食べ物の成分と結合して、悪いことを引き起こしてしまうこともあるのです。
質の高い歯科治療を希望される患者さんにとって、これらは大きなデメリットといえるでしょう。
自費診療では、基本的にどんな歯科材料でも使用できます。 例えば、保険診療では
奥歯の被せ物を金属で作製しますが、自費診療であれば、セラミックやジルコニアといった比較的高価な材料を使用することも可能です。
これらの材料は、見た目が非常によく、レジンよりも丈夫で、劣化しにくい材料ですので、質の高い歯科治療をお望みの方にはお勧めの素材といえます。
その他、入れ歯を作製するにしても、自費診療でしか使用できない材料などもあり、選択肢は非常に広がると言えるでしょう。

適応できる治療法に違いがある

保険診療と自費診療とでは、患者さんが受けることができる治療法に違いがあります。
そこで、1本の歯を虫歯なり外傷によって失ってしまったケースを考えてみましょう。
保険診療であれば、こういったケースではブリッジが適応されることが多いです。
ブリッジは、失った歯の両隣を土台として、人工の歯で隙間を埋める治療法です。
この治療法では、左右の健康な歯を少し削る必要があったり、見た目がそれほど良くなかったりと、それなりにデメリットがあります。
もしこれが自費診療であれば、インプラントという治療法が選択肢として増えることとなります。
インプラントは、チタン製のネジを顎の骨に埋める治療法で、これが失った歯の歯根の役割を果たします。
その上に人工歯を被せることによって、歯を失う前に限りなく近い状態まで、欠損部を回復させることができるのです。
そして何より、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がないため、残存歯への悪影響を最小限に抑えることもできるのです。

保険診療と自費診療のメリットとデメリット

保険診療のメリット
・費用が比較的安価
・歯科医院による治療費の違いがほとんどない

保険診療のデメリット
・素材、治療法が制限されてしまう
・見た目、噛み心地などを追求した治療が難しい

自費診療のメリット
・素材、治療法の制限がほとんどない
・自然な見た目、噛み心地を追求できる

自費診療のデメリット
・費用が保険治療よりも比較的高め
・歯科医院によっては料金体系が異なる

まとめ

保険診療では、機能の修復を優先し、歯を長持ちさせることや、全身の健康についてまではあまり考慮されていません。
一方、自費診療は、ひとりひとりに綿密な治療計画が立てられますので、より満足頂ける治療を受けられます。
歯が長持ちすることで、痛い虫歯の治療を何度も受けなくて済みますし、噛めないことで食事が偏ったりしなければ生活習慣病の予防にもなります。
歯の数が多く残っている人ほど、生涯にかかる医療費が少なくなるという研究結果もあります。
このような違いを理解した上で、どちらを選択するかは患者さん自身の価値観に委ねられると思います。