虫歯予防によい食べ物・飲みものとは?

虫歯ができてしまうには体質や生活習慣などが大きく影響します。そうはいっても、カンタンに予防することができたら・・・と思いますよね。

そこで、虫歯を予防する効果に期待できる、歯を丈夫にしたり唾液量を増やしたりしてくれる食べ物をご紹介します。意識して食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

歯を丈夫にする食品

骨や歯を強化するカルシウムや、エナメル質を強化するビタミンA、象牙質をつくるビタミンCなどの栄養価を含む食べ物は、歯を強くする効果があります。

カルシウムを多く含む

乳製品:牛乳、チーズ、ヨーグルト(無糖のプレーンがおすすめ)
魚介類:イワシ、ワカサギ、煮干しなど骨ごと食べられる魚、乾燥エビなど
海藻類:海苔、昆布、わかめ、ひじきなど

ビタミンAを多く含む

鶏・豚・牛レバー、緑黄色野菜(しそ、モロヘイヤ、人参、ほうれん草)など

ビタミンCを多く含む

赤・黄ピーマン、アセロラジュース、レモン、キウイ、イチゴなど

唾液の量を増やす食品

唾液は歯が溶けるのを防いで口内菌の殺菌をするなど、歯の健康を助けます。そのため、唾液量を増やせば虫歯を予防することにつながるのです。

梅干し、酢の物、果物、海藻類など

食物繊維の多い食品

繊維質の食品は歯の表面を掃除してくれる効果があり、あごの発達や唾液の分泌を促してくれるので、こちらも虫歯を予防する効果があります。

ごぼう、人参、セロリなど

アルカリ性の食品

口の中が酸性になると虫歯ができやすくなります。そこで、アルカリ性の食品を摂取すれば、口の中を中性の状態にすることができるのです。

梅干し、酢の物、納豆など

歯によい飲みもの

カルシウムの豊富な飲料のほか、カテキンやポリフェノールを含む飲みものは抗菌作用があるので、虫歯を予防してくれます。

牛乳、お茶(抹茶、ほうじ茶、玄米茶、ウーロン茶)、紅茶(ストレート、ミルクティー)など

まとめ

虫歯を防ぐ効果のある食べ物を紹介しましたが、これらを食事に取り入れるだけでは予防として不十分です。食後にいつまでも食べカスがついたままだと、反対に虫歯の原因となりかねません。

虫歯の原因菌のエサとなる砂糖を高頻度で摂りすぎないよう注意して、歯みがきの間隔が広くなりすぎないように、しっかりみがくことが重要といえるでしょう。