治らない歯の痛み-歯以外に原因がある場合

歯以外に原因がある、歯の痛み

歯が痛いとまず「虫歯」が思い浮かびます。
そのほかに「歯周病」「感染根管」「知覚過敏」「歯ぎしり」「食いしばり」などが歯の痛みの原因になります。これらは歯に原因があります。
歯が痛い時に歯以外に原因がある場合があります。
この場合には歯の治療を行っても、歯の痛みが治りません。
これを「非歯原性歯痛」といいます。

非歯原性歯痛の種類

①筋・筋膜性歯痛

顎のまわりの筋肉の疲れによる痛みが原因。
顎をたくさん使ったりするとエラのあたりの筋肉を押すと痛くなることがありますが、それが悪化すると何もしなくても痛くなることがあります。
そのようなときに、同じ脳神経につながっている歯が痛いと感じるこいとです。
虫歯などで、上の歯が痛いのか下の歯が痛いのかわからなかったり、上下反対の歯が痛く感じることがあるのと同じような理由です。

②神経障害性歯痛

神経が傷ついて生じる歯の痛み。
「三叉神経痛」「帯状疱疹」によって歯が痛みます。
また「舌咽神経痛」は顎関節が痛みます。

③神経血管性歯痛

「偏頭痛(神経血管性頭痛)」「三叉神経・自律神経性頭痛」「群発頭痛」が原因。
これらの頭痛発生時に頭より歯が痛く感じる。
一番多いのは群発頭痛で、上の歯の奥歯が痛みます。痛みは毎日数回、ほぼ同じ時間に、約1時間持続する激痛発作です。約1ヶ月間持続します。

④上顎洞性歯痛

上顎洞に炎症があるのが原因の痛み。
上の奥歯が痛み、噛むと痛い、ひびくなどの症状がある。
風邪を引いている、鼻がつまっているときに起きやすい。
逆に歯の炎症が原因の歯原性上顎洞炎もあります。

⑤心臓性歯痛

狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患で起こる歯痛。
狭心症の場合は痛みの持続時間は数分から10分以内。
心筋梗塞の場合は歯痛は数時間にわたって続く。

⑥神経疾患または社会的要因による歯痛

神経疾患の身体症状として歯痛や顔面痛があります。

⑦特発性歯痛

原因不明の歯痛。
医学用語で原因不明のことを「特発性」といいます。
精神疾患の既往との関連性が疑われます。

まとめ

歯が原因以外の歯の痛みは、歯の痛みの1~6%あります。
なかなか痛みが治らないときや、歯医者さんに行っても原因不明と言われた場合は非歯原性歯痛の可能性があります。
歯科ではなく、頭痛(神経)、心臓、精神の専門医に診てもらう必要があります。