歯医者の治療費と支払い方法

歯医者さんに行こうと思ったとき、気になることの一つに治療費がどのくらいかかるのかということがありますね。 歯医者さんに治療費を聞いてもよくわからなかったり、歯科医院によって違いがあったりして迷うこともあります。 歯医者さんの治療費はどういう仕組みになっているのでしょうか? また、支払い方法にはどのような方法があるでしょうか!

一般的な保険診療の治療費

普通に歯医者さんにかかるときの治療である保険診療の治療費について

保険診療はどんな治療?

最初から硬い話になってしまいますが、日本の医療保険制度は「誰でも」「どこでも」「いつでも」保険医療を受けられる「国民皆保険制度」に基づいています。歯医者さんの保険診療もこの保険制度に基づいて行われます。 保険診療の治療費は、患者さんが所持(加入)している保険証等の種類により、負担金として治療費(診療報酬)の3割から0割を歯医者さんの窓口で支払い、患者さんの負担金以外の残りは患者さんの所持(加入)している保険から歯医者さんに支払われる仕組みです。

歯科の健康保険の診療報酬(治療費)の内訳

歯医者さんの保険治療費(診療報酬)は「社会保険歯科診療報酬点数早見表」に沿って請求されます。 その内訳は以下の大きな分類があり、それに属する項目が細かく分けられています。

治療の内容によって必要な項目を組み合わせたものが保険治療費(診療報酬)として請求されます。

実際の歯科の保険診療の治療費はいくらくらい?

歯医者さんの治療費は健康保険の診療報酬にしたがって決まりますが、歯科医院の設備の充実や歯科医師の経験・研修(施設基準)によって請求できるものや、患者さんの状態で変わるものがあります。虫歯の治療をするとしてお口の中全体を診るのか、虫歯1本だけ診るのかで治療費はかわります。 初めてもしくは数カ月ぶりに歯医者さんにかかる時であれば、初診として全体を診る場合はお口全体のレントゲン、歯ぐきのの検査等を行いお口に中全体を診察するので患者さんの治療費(3割負担)は3500〜4000円ほどになります。虫歯一本だけを診るのであれば初診治療費(3割負担)は700〜1200円ほどになります。 これに必要な治療の費用がかかります。 小さな虫歯の治療は1200〜1500円程度(3割負担)、歯の神経の治療は1300〜4000円程度(3割負担、歯の部位、治療回数で変わります)です。かぶせものの治療は奥歯が5000〜6000円程度、前歯が8000円程度、ブリッジがかぶせものの本数とブリッジにするため付加の治療費がかかります。入れ歯は無くなった歯の本数などにより幅がありますが一つ8000〜15000円程度です。 歯石取りはすべての歯に基本的な歯石取りをして1000円程度です(複数回に分ける必要がある場合があります)。 

歯科の保険診療の特徴は?

保険診療の治療費は診療報酬として歯医者さんに支払われますが、診療報酬が支払われるには 保険医が保険医療機関において 健康保険法、歯科医師法、医療法、医薬品医療機器 等法等の各種関係法令の規定を遵守し 「療養担当規則」の規定を遵守し 医学的に妥当適切な診療を行い 診療報酬点数表に定められたとおりに請求を行っていることと定められています。 そのため、保険診療ではこのルールに従った治療を行うことが特徴になります。

自由診療の治療費

ちょっと気になる歯医者さんの自由診療の治療費について

歯科の自由診療とは?

自由診療は決められたルールに従って行う保険診療では行えない治療のことです。 歯の矯正やインプラント、ホワイトニング、セラミック治療がすぐに思い浮かぶと思いますが、技術や材料の違いで入れ歯や歯の根の治療、歯周病の治療など保険診療で行えるものもより質が高く、歯の寿命を延ばすことができる自由診療もあります。

歯科の自由診療の治療費の内訳

保険診療と違い自由診療は決められたルールがないので歯科医院ごとに内訳が異なります。 項目としては以下のようなものがあります。

これらは歯科医院によって項目の設定。料金設定が異なります。

実際の歯科の自由診療の治療費はいくらくらい?

自由診療の治療費は歯科医院ごとに違うので一概に言えないものですが、簡単な処置なら数百円からインプラントや入れ歯、大きな手術では数十万〜百万円以上になることもあります。 治療方針、治療内容をよく聞いて、治療費の内訳等わからないことがあれば納得いくまで質問するようにしましょう。

歯科の自由診療の特徴は?

自由診療は歯科医院ごとに自由に治療方針、料金設定が決められることが特徴です。 例としては、保険診療だと銀歯のつめもの、かぶせものになる治療を材料だけを白いもの(レジン、ハイブリッドレジン、セラミック)にするだけの治療から、同じつめもの、かぶせものでも最初から自由診療で治療計画をたて歯の削り方、デザイン、歯に着ける接着剤など自由診療用のベストのものを使用して歯の寿命をできるだけ延ばすようにする治療まで違いがあります。 後者のほうがしっかりした歯科治療になりますが治療費にも違いあります。

歯医者さん治療費の支払い方法は?

保険診療

保険診療の支払い方法は現金が主流ですが、歯科医院によって以下の支払い方法が利用できます。

自由診療

自由診療の支払い方法は歯科医院によって以下の支払い方法が利用できます。

治療費の支払のタイミング

・保険診療 治療を受けた日にそのつど治療費を支払います。 ・自由診療  歯科医院によって異なりますが、以下のタイミングが多いです。  治療契約時、治療をすると決めた日に全額、もしくは一部  治療開始時に全額、もしくは一部  治療開始から治療の都度、その日の治療費  型取りをして作製物があるときは、型取りの日に全額、もしくは一部

まとめ

歯医者さんの治療費は保険診療と自費診療で違います。 保険診療の治療費はルールに従って一律に決められていますが、診療内容で違いがあります。 自由診療の治療費は歯科医院ごとに設定するため治療方針等により様々です。 歯医者さんの治療費の支払い方法は現金が主流ですが、クレジットカードなども利用できる場合があります。自由診療では分割払いも利用できる場合があります。

24時間オンライン診療予約